体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雪をも解かす熱きコラボ!!「どっちの湯沢ショー?」に行ってきた!

_DSC1028
12月1日(金)に開催された「年末スペシャル『新潟雪国グルメ&地酒ナイト』~これは、冬物語のはじまり~」の興奮冷めやらぬ翌週7日(木)、東京カルチャーカルチャーにて、雪をも解かす、熱きコラボイベントが開催されていた。
12月1日の様子はこちら。絶品料理や銘酒が勢揃い!「新潟雪国グルメ&地酒ナイト」に行ってきた!
そのイベントとは「どっちの湯沢ショー?」なるもの。どこかで聞いたことがあるようなタイトルであるが・・・、このイベントは毎年10万人以上が来場、2016年には総来場者数200万人を突破したモンスターイベント「フジロック」を擁する新潟県湯沢町と、日本三大うどんの一つである「稲庭うどん」を擁する秋田県湯沢市とのコラボイベント。双方を代表する食べ物や地酒を味わいながら、観光情報やトリビアを観光協会の職員によるトークショーを楽しみながら交流するという、「湯沢(新潟県・秋田県)の魅力」を心ゆくまで堪能できる豪華イベントだ。

_DSC1018
19時のオープンより、試飲・試食コーナーには長蛇の列が・・・。それもそのはず、新潟県湯沢町サイドからは、新米の「こしひかり」「なめこの天ぷら」「からいすけ」「もち豚ロースのソテー」「美雪ます(刺身、マリネ)」「そば」「漬物(野沢菜)」が提供され、それに対して秋田県湯沢市からは新米の「あきたこまち」「A5ランク三梨牛のサイコロステーキ」「せりの天ぷら」「きりたんぽ」「稲庭うどん」「漬物(いぶりがっこ・からしなす)」という絶品食材が、テーブルを占拠した。

_DSC1003_DSC1002_DSC1019_DSC1035_DSC1008
また、地酒も豊富な両湯沢。新潟県湯沢町からは「白瀧酒造」のお酒が、秋田県湯沢市からは「両関酒造」「秋田銘醸」「木村酒造」「秋田県醗酵工業」のお酒が提供され、日本酒好きが舌鼓を打つ場面も見られた。

_DSC1004_DSC1013
その後開かれたのが、ゲストである三代目 秋田県住みます芸人の桂三河さんを交えた、双方の観光協会職員による、プレゼンテーション形式の観光情報、トリビア情報の紹介コーナー。
_DSC1065_DSC1070
ユニークな動画を交えたプレゼンテーションは大いに盛り上がりを見せていた。実は、新潟県の湯沢町に行こうとして、秋田県の湯沢市に降り立ってしまうという旅行客も年に数組は本当にいるらしく(逆のパターンも然り・・・)、また、どちらにも「湯沢グランドホテル」というホテルがあり、そちらのホテルには、間違って訪れてしまった旅行客を泊められるように空室が常に用意されているという、信じられないような話が飛び出す場面もあった。

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy