体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そんなに過剰な「便利」っている? #ふたりごと

20171213_hisako01.jpg

私の身近にいるデジタルネイティヴ世代といえば…

今年から姪っ子が高校生になったの。

実家に帰るたびに「ひさこーーーー!」って飛んできていたかわいこちゃんは、最近めっきり女性らしい表情に。

休みの日にはメイクして出かけるし、すっかり女のコじゃなくなってる。

思えば小学生のころから「ひさこ、マツエクの長さ変えたでしょう?」「そのネイルはどういう風に頼むとその色になるの?」なんておしゃれ感度はだいぶ高めだった。

同じ学校の彼に毎日家の前まで送らせているらしい。なんとも頼もしい!

デジタルネイティヴも私たちも、あまり変わらないのかもしれない

20171213_hisako_07.jpg 20171213_hisako1.jpg

姪っ子は小学生のころから友だちとの会話はTwitter、友だちだけじゃなく学校行事のやりとりはすべてLINEグループ。LINEのタイムラインを分刻みでチェックしてた。

生まれてすぐからiPadがお友だちの、いまの子どもたちはもちろんだけど、彼女も立派なデジタルネイティヴ世代。

きっと私たちと違ってアナログカメラなんてほぼ触れたことないだろうし、小学生のころからプリクラで顔の加工をすることに慣れているから、デジタルな加工にもまったく違和感がないんじゃないかな。

20171213_hisako_04.jpg

そもそも私たちが目にしていた広告や雑誌の表紙のほとんどがシワやシミ、クマやにきび跡なんかのリタッチをしてる。

私も雑誌に掲載された自分が、実物よりもややスリムに修正されていたこともあったよ。

実際に顔を整形しちゃう人もどんどん増えているのが本当のところ。

見えているところだけじゃなく、性格や想いを偽り続けていることだってありえる。見えている部分と本質との間に差があることが普通になってる。

だから、デジタルネイティヴ世代も私たちも、あまり変わらないのかもしれない。

デジタルネイティヴ世代はいずれにしてもたくましいっていうのが、私の思うところ

20171213_hisako2.jpg

私たちより上の世代は、自分の職業がなくなるかもしれないだなんて想像もしていなかったと思う。

いま、デジタルネイティヴ世代は、自分のなりたい職業がこの先ずっとあるのかどうかを見極めなきゃならない。

AIに取って代わられてしまう職業はどんどん増えるとあちこちで言われてる。

常識がどんどん変わっていく時代だからこそ、人間らしいことやサービス、気持ちを改めて考えなくちゃいけなくなると思うんだ。

頭を使わないと、クリエイティヴでないと、生き残れない時代。マンモスを追いかけていた時代…人類として初心に戻る感じ? それって大変なことだよね。

デジタルネイティヴ世代はいずれにしてもたくましいっていうのが私の思うところ。

まわりの評判の良し悪しに流されていないか、それにかまけていないか

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。