体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体験レポ】幻想的過ぎる!横浜・八景島シーパラダイスのナイトイベントに行ってきた!

【体験レポ】幻想的過ぎる!横浜・八景島シーパラダイスのナイトイベントに行ってきた! SEAPARA NOCTURNAL ISLAND

12月1日から始まった横浜・八景島シーパラダイスのナイトイベント「SEAPARA NOCTURNAL ISLAND」。

幻想的過ぎる!と話題のイベントに編集部が早速行ってきました!

今回はイベントの魅力を余すことなくお伝えします!ぜひ大切な人とこの冬訪れてみてくださいね♪

記事配信:じゃらんニュース

シーパラのナイトイベントはここが凄い!

SEAPARA NOCTURNAL ISLANDでは2つの“光のエンターテインメント”を楽しむことができます!

NOCTURNAL FANTASY

まず1つ目の“光のエンターテインメント”はNOCTURNAL FANTASYです。

ここでは“体験”できる光の演出が楽しめます!

インタラクティブゾーン、イマーシブゾーン、プロジェクションゾーンの三つのゾーンがあり、それぞれ異なった楽しみ方ができるように工夫されていました。

今回は実際に体験してきた「インタラクティブゾーン」「イマーシブゾーン」の2つを詳しく紹介します!

まずインタラクティブゾーンでは、水族館「アクアミュージアム」の大屋根を舞台にしたプロジェクションスクリーンに映し出される映像世界と遊びに来たお客さんの行動がシンクロする体験型イルミネーションを体験できます。

お客さんがプラットフォームにある丸いスイッチのようなポッドに乗ってジャンプしたりステップを踏むと、少し離れたところにある大屋根に映る映像が変化し光や魚の演出が巻き起こるという仕組みです。

僕がジャンプするとかわいいキャラクターが登場したり、スクリーン上がカラフルに色づいたりするので自分がイルミネーションを作り出している感覚を味わえてとても楽しかったです♪

この上でジャンプしたりする

この上でジャンプしたりする。

そうするとこんな感じでウミガメが現れたり、演出が変わったりします!

そうするとこんな感じでウミガメが現れたり、演出が変わったりします!

次にイマーシブゾーンです!

英語で「イマーシブ」は「没入」という意味があるのですが、まさにその名の通り光の世界に入りこんでいるような感覚を体験出来ます!

海に反射したイルミネーションもロマンチックな雰囲気をさらに高めてくれています!

イマーシブゾーン

INOCHI —命の光があふれる海—

2つ目の光のエンターテインメントは【INOCHI —命の光があふれる海—】というものです。

お客さん自身がその一部になって体感できるウォークスルー型インスタレーション、つまり歩いて楽しめる光のエンターテインメントです!

この目玉となっているのが約4分間のプログラムで構成する大型展示「水の大樹」。 “生命の誕生の起源、生命の爆発”を表現した幻想的な光の演出を楽しめるんですが、音楽とプロジェクションマッピングが合わさった演出は圧巻で、ぐるぐると変わる光の動きにただただ驚くばかりでした…!

INOCHI —命の光があふれる海—
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。