体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マストアイテムはモバイルWi-Fi?座れない、持てない管理入院中の暇つぶしグッズ by pika

マストアイテムはモバイルWi-Fi?座れない、持てない管理入院中の暇つぶしグッズ by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。

双子の妊娠、管理入院中のお話。

今回は、入院生活中の暇つぶしについてです。 前回エピソード:間食禁止の同室妊婦さんがいると気まずい…!入院中の差し入れは要注意 by pika

f:id:akasuguedi:20171212054620p:plain f:id:akasuguedi:20171212054644p:plain f:id:akasuguedi:20171212054757p:plain f:id:akasuguedi:20171212054814p:plain

切迫早産・切迫流産での管理入院。

「ベッド上で安静にすること」を目的に入院しているだけあって、基本的に過ごすのはベッドの上。降りて歩くのは、トイレや洗面、おぼんを下げる、シャワーを浴びに行くときくらいで、お腹の張りがつよければ、ベッドから降りることも叶いません。

体調が悪い日はもちろん、天井を見つめながら息をするだけで精一杯なのですが。小康状態になると、すこし余裕がでてきます。

とくに、検査や診察の少ない午後の時間帯は、することがなく動いてもいけない、暇な「安静」の時間です。

わたしの場合は何をして過ごしたかというと…

ゲームや趣味の道具、スケッチブックやペン、多胎や育児に関する本など。いろいろな暇つぶし道具を用意してはみたものの。

そのほとんどは、使わずに終わりました。

というのも、お腹が大きすぎて、ベッド上で机に向かう姿勢がつらく。1日3回の食事ですら、座っているうちにお腹が張ってしまい。限界を感じ、1日のほとんどの時間は横になって過ごしていました。

そうなるとできる「暇つぶし」も限られてしまいます。

加えて片腕には点滴が挿入され、薬の副作用で手のふるえや筋力の低下もあり。読書は、本を支える腕がつらく、寝ながらでは文字も書きにくい。

結局のところ、1日のほとんどはスマホを見て過ごしました。

ツイッターで同じような状況のひとと交流したり。ブログに体調を記録したり。多胎の入院経過について、インターネットで体験談を探したり。

動画や音楽も楽しく、イヤホンをしながらよく楽しんだものですが、そうなってくると問題になるのが月のデータ通信量制限。

動画はとくに要注意で、あっという間にパケットの上限を超えてしまいます。入院中、同室のママさんもスマホの通信速度制限の憂き目に遭っており。

「院内フリーWi-Fi」はさすがに求めすぎかもしれませんが、モバイルWi-Fiを用意しておけばよかった…と何度も思いました。

さて、ネット以外での暇つぶしはと言うと。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。