体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポルカドットスティングレイ推薦「飽き性向けゲーム」

ポルカドットスティングレイ推薦「飽き性向けゲーム」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(火曜担当ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。12月12日(火)のオンエアでは、ゲームや留学にまつわる相談に雫がアドバイスをしました。

最初は、「雫さんはイギリスに留学していましたよね。僕も留学したいと思っているのですが、ドキドキして海外に行く勇気がありません。ひとり旅をやってみたいと思いつつ、ひとり旅と留学はまた違うかなと思っています。雫さんは、どのようにして留学を決めましたか?」という質問から。

雫は大学生の時に留学しており、お金を貯めるのが大変だったそうです。また、何か勉強したいなどの強い意志があれば、怖さがなくなるものだとも話しました。「今になって思うと、大それたことをしたな、若いなと思います」とのこと。留学すると良い経験になるほか、一生モノの友達ができると、アドバイスしました。

また、ゲームが大好きな雫がゲームの魅力を紹介する「SPARK GAME研究所」コーナーでは、飽きっぽい人にもおすすめのゲームを紹介しました。

「私はゲームが好きなのですが、飽き性過ぎて、今までに続いたゲームが『スプラトゥーン』しかありません。見た目が可愛いし、グロさもなくて、子どもから大人まで楽しめる感じが好きです。こんな私に、雫さんのおすすめのゲームを教えてください」と、リスナーからのメッセージ。

雫も、「スプラトゥーン」はシューティングゲームなのに、暗くなくて、グロテスクではないところが、ヒットの要因の一つになっているのでは、と推測。その点を踏まえて、おすすめのゲームを考えました。

「『スプラトゥーン』が好きということは、対人戦は大丈夫っていうことかな? それだったら、『ポケットモンスター』はおすすめ。世界観が可愛いし、どんどんポップになってるし。ポケモンを育てるので、愛着が湧いて飽き性の人でも続きやすいです」とのことでした。ちょうど「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」が発売されたばかりなので、参考にしてみてください。

さらに、今週は「ゲームミュージック・シェア祭り」と題して、お届けした曲は全てゲームミュージックでした! The Super Mario Players feat. Kate Davisn「Jump Up, Super Star!」、Toby Fox「Megalovania」、石川淳「Re: グリーングリーンズ」、DAOKO「もしも僕らがGAMEの主役で」、イマクニ?「ポケモン言えるかな?」、さらに、 ポルカドットスティングレイの「ショートショート」「サレンダー」をお届けしました。

さて、12月13日(水)放送の「SPARK」は、水曜日のカンパネラが担当。人気コーナー「SPARK BOX」「おれのリリックを越えてゆけ!」では、今年送られてきた作品の中から、最優秀作品を決定。「SPARK大賞」として豪華クリスマスプレゼントを進呈します。どうぞ、お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。