体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Pixel 2で「ARステッカー」を使ってみた(動画あり)

拡張現実技術(AR)を活用した Google の新アプリ「AR ステッカー」が昨日リリースされたので早速 Pixel 2 を利用して使ってみました。AR ステッカーは AR 開発プラットフォーム「ARCore」に対応したアプリで、現時点では Pixel スマートフォンのみで利用できます。実際には、「Google カメラ」の追加機能として実装されているので、Pixel スマートフォンのカメラでモード画面で「AR ステッカー」を選択すると利用を開始できます。AR ステッカーモードでは、3D モデル化された動くステッカーをスマートフォンの画面に配置することで、各種素材を現実の空間に合成して写真または動画を撮影することができます。ステッカー素材はステッカーパックとして配布されており、現時点でのステッカーパックはあまり多くありませんが、中にはスターウォーズのステッカーパックもあるので楽しめると思います。AR を活用したアプリなので、カメラに映る空間の種類や奥行きを認識します。そして人間のように空間を自由に動きまわります。またステッカーは画面のタッチで拡大・縮小、回転、移動させることも可能です。AR ステッカーの動画を撮影すると次のような感じになります。かなりリアルで感激しました。

■関連記事
InFocusが初の18:9ディスプレイを持つスマートフォン「M7s」を来年早々にも発売
KDDI、auの2018年向け学割キャンペーンを12月15日に受付開始
ニコ生ゲーム実況配信機能をビルトインしたスマートフォンゲーム「はばたけ!ひよこ小競争」がリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。