体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DAOKOの「2017年の気分」を決めた1曲

DAOKOの「2017年の気分」を決めた1曲
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。12月12日(火)のオンエアは、DAOKOとのコンビでお送りしました!

「『SONAR MUSIC』的2017年の音楽トピック100」と題してお送りしている4日間の2日目! 同番組が独自にピックアップした2017年の音楽トピックス100個と共に、そのアーティストにまつわる楽曲、さらにここでしか聴けないライブ音源を大量オンエア中…という、音楽ファンにとってはたまらないスペシャル・ウィークです!

ここでは、火曜日の人気コーナー「DAOKOのなんじゃこりゃー」を紹介します。毎回、DAOKOが一つのお題に対して、古今東西・新旧・洋邦問わず、1曲をセレクト! この日のお題は「DAOKOが今年一番インスパイアされた曲」でした。

今年は、DAOKO×米津玄師「打上花火」が大ヒット。Spotifyで「日本で最も再生された国内アーティスト」 にも選ばれたDAOKOに対して、「DAOKOさんこそが2017年を代表する人です」と藤田。これにDAOKOは「まぁパッと光って咲いた、みたいなとこある…(笑)」と、「打上花火」の歌詞を引用して答えていました。

そんな“時の人”DAOKO自身が「今年一番インスパイアされた曲」にセレクトしたのは、Steve Lacyの「Dark Red」。

「ホント、この曲に出合った時に衝撃を受けて『SONAR MUSIC』で流したこともあるんですけど…やっぱり振り返って、一番聴いたかなって。今年の気分とかトーン感がこの曲を聴いて決まったかなっていう」(DAOKO、以下同)

この曲を初めて聴いたのは、1月辺り。その時に「2017年はこの気分で行こう」と決まったというほど、強い影響を受けたそうです。

Steve Lacyはアメリカのトリップ・ホップバンド、The Internetのギタリスト。まだ10代とは思えない音楽センスと甘い歌声にDAOKOはメロメロのようです。

「来年、The Internetが来日するんですよ〜。だから生Steve Lacyが観れちゃうんだと思うと鼻血が出ちゃいます!」と、それくらい今年ハマったそうなので、まだ未聴の方はぜひチェックしてくださいね♪

そして次回13日(水)のオンエアでは、Licaxxxが藤田と共に「2017年の音楽トピック100」を紹介しながら2017年を振り返ります。お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。