ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2018年は戌年!年賀状で里親を探すプロジェクト 「#PUPPY NEW YEAR」を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2018年は戌年!年賀状で里親を探すプロジェクト 「#PUPPY NEW YEAR」を公開

「#PUPPY NEW YEAR」運営事務局は、NPO法人犬と猫のためのライフボート(千葉県柏市)とともに、全国に里親を探している犬や猫がたくさんいることを広く社会に認知してもらい、実際に里親を見つけることを目的に、来年が戌年であることと、年始挨拶の習慣「年賀状」に着目し、里親を募集している保護犬たちの写真年賀状が無料でダウンロード可能なサイト「#PUPPY NEW YEAR」を公開致します。 当WEBサイトは、著作権フリーの約40種類の保護された犬の画像が揃ったデザインアーカイブサイトで、ユーザーは、サイトにアクセスして画像をダウンロードすることで年賀状の印刷デザインに使用できるほか、各種SNSの年始挨拶用の画像として利用することが可能です。
​​​​​​​

2018年は戌年!年賀状で里親を探すプロジェクト 「#PUPPY NEW YEAR」を公開
 WEBサイトで掲載されているデザインのモデルとなる犬たちは、千葉県柏市にあるNPO法人犬と猫のためのライフボートが運営する施設に保護された子たちで、その多くに良いご縁がある一方、今もまだまだ多くの犬たちが里親さんを探しています。このサイト上でダウンロードされた年賀状を受け取った人、またSNSでシェアされた人々に、保護施設でも可愛い犬と出会えることを知っていただく絶好の機会となります。なお、このサイトは、フォトストックサービス「Adobe Stock」を展開するアドビ システムズ 株式会社の社員による支援をうけて運営されます。

 日本では年間4万匹を超える犬たちが保健所に持ち込まれ*昨年、総計16,287 匹が殺処分されました。毎日約4 5 匹が人の手によって命を落としたことになります。2018年戌年。12 年に1 度、犬が主役になれるこの年に、この企画で全ての犬が幸せな1 年を過ごせるよう、コミュニケーションの力で殺処分ゼロを目指します。
* 環境省 動物の愛護と適切な管理( H 2 8 年度) より

≪プロジェクト実施概要≫
プロジェクト名:「#PUPPY NEW YEAR 」
サイトURL: http://puppynewyear.jp/
サイト公開日:2017年12月13日(水)
協力NPO: NPO法人「犬と猫のためのライフボート」
協力企業:アドビシステムズ株式会社

≪プロジェクト参加フロー≫
サイトにアクセスし、年賀状用に撮影された約40種類の画像の中から、好きな画像をクリック。ユーザーは「画像をダウンロードする」「画像を使ってSNSで挨拶する」「面会する」という3つのアクションが起こせ、シェアされたものをタイムラインで接触した人がさらにサイトに訪れるという循環でプロジェクトは拡大していき、保護犬の飼い主になるという選択肢が新年の挨拶とともに広がっていくことで、人も犬もハッピーになる世の中を目指します。

2018年は戌年!年賀状で里親を探すプロジェクト 「#PUPPY NEW YEAR」を公開
《協力NPOについて》
<NPO法人犬と猫のためのライフボート>
NPO法人犬と猫のためのライフボートは、保健所などの行政機関で殺処分されるはずだった犬と猫を施設に一時保護し、里親さんを探す活動を行う団体です。施設内には附属動物病院を持ち、施設の犬猫のための医療や保護犬猫専門の外来診療を提供しています。また譲渡が困難な犬猫たちは終生飼育することで殺処分からの救命を実現しています。2017年9月に犬猫の累計救命数が16,000頭を超えました。

《協力企業について》
<アドビ システムズ 株式会社>
アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐分利ユージン)は、 Photoshopを始め Illustrator、InDesign など数々の画像・映像を加工・編集ソフトを手がけるアメリカ本社のコンピューター・ソフトウェア企業の日本法人です。同社の社員は、寄付プラットフォーム「ammado」を通じて、当プロジェクトをサポートいたします。
※ammadoとはインターネットを通じて様々な寄付を募るためのグローバルプラットフォームです
  www.ammado.com

《年賀状デザイン例》

2018年は戌年!年賀状で里親を探すプロジェクト 「#PUPPY NEW YEAR」を公開
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
みんなのPRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。