体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メキシコ料理ってどれも一緒じゃないの?現地人に聞いた6つの違いとは

メキシコ料理ってどれも一緒じゃないの?現地人に聞いた6つの違いとは

ダイビングインストラクターとしてメキシコのプラヤデルカルメンに移住してきて1ヶ月。お手頃価格な屋台料理を食べ続ける毎日。メキシコ料理は種類が多く、メニュー表にも聞きなれない食べ物の名前がズラリ。

色々日替わりで試していく中で、大きな気づきがありました。それは、「え、メキシコ料理全部同じ味じゃない!?ていうか、ほぼ全部タコスじゃない!?」という事。食べ物に疎い僕から見れば、数あるメニューも蓋を開けてみれば全部似た様な味の食事なのです。

この記事では、その複雑なメキシコ料理の違いをできる限り解説したいと思います。あまりに違いが不明確な為、この記事を書いていた時、横にいたカフェ店員さんにインタビューを重ねて記事を作りました。

これからメキシコ貧乏旅行の方のご参考までにと思い、ここで記事にしたいと思います。

 

タコス(tacos)

photo by shutterstock

言わずと知れたメキシコ代表料理。トルティーヤの上に、牛や豚など様々なお肉を乗っけます。その上にお好みでサルサやチリソースをかければタコスの完成です。中身の具はお店や地域によって様々。

このタコスはすべてのメキシコ料理のベースです。これを元に微妙に形や味が変わった(…?)料理が沢山存在しています。

 

ケサディージャ(quesadilla)

photo by shutterstock

一言で表せば、「チーズ入りの大きめタコス」。ケサがチーズという意味で、ディージャがトルティーヤの意味だそうです。ただ面白いのが、チーズ抜きケサディージャも普通に売っている、という事。また、タコスは注文時にチーズを追加する事も可能。

じゃあ一番の違いは大きさか?カフェの女の子曰く「でも、私の生まれた地域ではケサディージャより大きなタコスを作るわ」との事。えぇ、じゃあ違いは一体なんなの…。

関連記事リンク(外部サイト)

中国・広東地方の代表的な料理とスイーツ13選
旅行好きにおすすめのスパークリングワイン7選
関西の旅カフェ&旅バー5選で旅行仲間を見つけよう!
海外旅行好きにおすすめの世界のコーラ5選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。