体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

図書館というのは、単に蔵書数が豊富であるというだけでなく、何時間でもいたくなるような空間の居心地の良さがあってほしいもの。子どもからお年寄りまで、さまざまな利用者が共存できるいい図書館があると、まち全体が豊かになるような気がします。

岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に、多目的ホールなどが入った複合施設です。岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

設計を手がけたのは、せんだいメディアテークやまつもと市民芸術館などを手がけた伊東豊雄建築事務所。建築物としての美しさは言うまでもなく、実際に過ごしてみるととにかく居心地がよいのです。

そこには、納得の理由がありました。

美しいだけじゃない
11個の巨大な「グローブ」

岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

図書館に入るとまず目に飛び込んでくるのは、天井から吊るされた巨大な傘のようなもの。これは“グローブ”と呼ばれ、図書館の象徴的な存在になっています。

「文学のグローブ」「展示グローブ」「ゆったりグローブ」などそれぞれに名前が付いており、表面にはうっすらと模様が。この模様は入り口の案内板と対応しているので、本を探すときにも役立ちます。

そしてグローブは視覚的なインパクトを与えるだけなく、その機能にもしっかりと意味がありました。岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

グローブの上部は開閉するようになっており、春や秋の季節には最大限に開けて自然換気し、冬は暖かい空気をグローブの中にとどまらせる仕組みになっています。空気の流れを、うまく利用しているのでびっくり。グローブの際に立つと、空気が流れているのを体感できるのでぜひお試しを!

ちなみにグローブの模様は、地元の学生さんが協力して1枚1枚貼り付けたものだそうです。

渦巻く「本棚」

メディアコスモスの特徴のひとつは、本棚が上から見るとグローブを中心として、渦を巻くように配置されているところ。どうしてまっすぐに整列していないのでしょうか? その答えは、実際に本を探してみるとよくわかります。岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ

右回りに見ると本の背表紙がしっかりと見えて、本棚をずらして配置することにより、奥と手前の本棚にも自然と目がいくようになっています。

一方で反対から見てみると、本棚の側面に表示されたジャンルが見えるようになっています。左回りでジャンルに目星をつけて、右回りでお目当の本を探す。無意識にも、そんな動きになるように設計されているのです。

本棚は通常よりも低く作られていて図書館の端まで見渡せ、それが開放感にもつながっています。

波打つ天井
「木製格子屋根」

岐阜にある、居心地が良すぎる図書館のヒミツ
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy