体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1位は「Power」。2017年のファッション界でもっとも使われた言葉。みんな強さ求めてる

ひとりの世界へ没入できるインターネットの世界。

だからこそ、インターネットで使われるワードには、その人が何を考え、何に興味を抱いているかがダイレクトに反映されます。

1位は「Power」。2017年のファッション界でいちばん使われた言葉

GLITTY グリッティさん(@glitty_jp)がシェアした投稿 – 2017 12月 12 6:57午後 PST

ソーシャルショッピングサイト「Lyst」によれば、2017年にファッション界でもっとも使われたワードは「Power」。

続いて「Woke」「Statement」など、今年の流れを象徴するようなワードが並んでいます。

1. Power

2. Woke

3. Statement

4. Floral

5. Millenial

6. Extra

7. Masculine

8. Cult

9. Ugly

10. Vegan

このランキング結果は、100種類のファッションサイトやライフスタイル本で書かれた3万以上の記事を分析したもの。

これらのワードを見て最初に思い浮かんだのは、2017年1月のトランプ大統領誕生。

Tommy Hilfigerさん(@tommyhilfiger)がシェアした投稿 – 2017 2月 8 10:54午後 PST

Compte Officielさん(@zadigetvoltaire)がシェアした投稿 – 2017 7月 24 4:40午前 PDT

トランプ大統領の女性を軽視する発言や移民に対する理不尽な政策をうけて、ファッション界ではデザイナーやモデルを中心にたくさんのムーヴメントが巻き起こり、権利や自由を求める意志を表明していました。

また、今年は、さまざまなジェンダーのモデルを起用することで、ファッション界でLGBTIQへの理解が急速に広まった年でもありました。

Violet Chachkiさん(@violetchachki)がシェアした投稿 – 2017 11月 15 11:51午前 PST

難民・移民問題、ジェンダー問題、差別、テロ事件…いままで存在は知っていたけれど、とくに意識していなかった問題が、2017年にいっきに顕在化したような気がします。

もう、世界で起こっていることを無視できない。目をそらすことはできない。

そんないま、求められているものこそが「Power」なのです。

FASHION UNFILTERED

写真/Shutterstock 文/浦田昆

■ あわせて読みたい

素肌にしっとりとなじむアイボリーに惹かれた。やさしい気持ちになれるルームウェア
大人の色気をあちこちに感じるZARA HOMEの花柄ルームウェア
パーカー × アウター。好相性な組み合わせ見つけた
部屋着にするだけじゃもったいない。女の子な気分になれるざっくりニットワンピース
女の子らしさがギュッとつまってる。ニットキャミのルームウェアに恋に落ちた
スヌーピーの刺繍に胸キュン。ユニクロのルームウェアが大人かわいい
繊細なレースの袖にときめく。とろみが上品なシルク100%のルームウェア

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。