体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホ用デザインツール「Desygner」を紹介 豊富なテンプレートと素材で凝った画像デザインが可能

スマートフォンで本格的に写真の加工や画像の編集をしようとすると相当の労力を要します。でも Photoshop やIllustrator なんて高度な知識を要するアプリは使えない・・・、そんな貴方におすすめのアプリがあります。それは「Desygner」です。Desygner はスマートフォン用に作られたデザインツールで、SNS に投稿するメッセージ付き写真やサイト上に掲載する自社ロゴやバナー画像などのウェブで使用するものから、プレゼン資料、料理メニュー、ポスター、はがき、名刺、手紙、ニュースレター、本の表紙、請求書、履歴書などなど、今思い付くものならあらゆる印刷物を指先一つで手軽に作ることができます。Desygner はオーストラリア発のアプリなので、元々は英語版しかありませんでしたが、同社の日本人スタッフさんらを中心に日本語化が進められており、最近、日本語対応の第一弾がリリースされました。ただ、現状のローカライズはとても不十分で逆にわかりづらい気もします。この点は今後のアップデートで徐々に改善されていくと思います。本記事では Instagram に投稿するオリジナルとチラシ画像の作成を通じて、Desygner の魅力や機能をお伝えしようと思います。Desygner の大きな特徴は、目的別に用意された豊富なデザインテンプレートとデコレーションに使用できる素材を備えている点です。テンプレートはソーシャルメディア、ヘッダー、広告など、種類別に分けて提供されており、目的に応じて選びやすくなっています。全てのテンプレートが使用できるわけではありませんが、無料ユーザーでも使えるテンプレートは豊富です。デザインは白紙のキャンバスから恥mることもできますが、テンプレートをアレンジする形でデザインすれば少しの労力でクオリティの高いオリジナル画像を作成できます。エディタ画面では、下部のツールバーにある編集ツールを駆使して、画像にテキストや画像、イラストなどのデコレーション素材を追加しアレンジしていきます。拡大・縮小、移動などはタッチ操作で行います。機能は豊富なので、慣れないうちは多少使いづらいと感じますが、一つでも画像を完成させるとある程度覚えます。Desygner はレイヤー編集、フォントのカスタマイズ、ブランドテキストの保存と再利用など、普通の画像編集アプリにはない機能も備えているので、次のチラシ画像のように凝ったデザインも可能です。Desygner」(Google Play)

■関連記事
HP製プリンタがGoogle Homeに対応、音声コマンドで印刷できる
ドコモ Xperia X Compact SO-02Jのソフトウェアアップデートが開始
Runtastic、歩数計アプリ「Runtastic Step」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。