体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バス清掃用品もシンプルに統一したい!そんな願望を満たす『きれいに暮らす。』シリーズ新発売

「使っている時も使っていない時も”きれい”」をコンセプトにしたバス清掃用品『きれいに暮らす。』シリーズが新発売。カラフルな清掃用品が多い中、空間のイメージを邪魔しないシンプルさに魅力を感じる人は多いはず。大掃除に向け、その実力をチェック!

 

掃除用品だってキレイに、そしてシンプルに

『きれいに暮らす。』シリーズを販売するのは、ブタの落としぶたや、おさかなスポンジなど、デザイン性の高い生活雑貨を手掛ける株式会社マーナ

 

最近は、SNSで「白化計画」「ホワイト化計画」などのキーワードが流行するなど、生活雑貨をシンプルな色で統一する人が増加中。実際、同社が実施した調査でも約75%の人が「今後、掃除・ランドリー用品などの生活雑貨は白・グレーなどのシンプルな色で揃えたい」と答えたのだとか。

 

そんな利用者のニーズに合わせて誕生したのが、『きれいに暮らす。』シリーズだ。機能性はもちろん、置いていても邪魔にならない色やかたちを目指して作られたという。

今回は、同シリーズから「お風呂のブラシ」「お風呂のスリッパ」「お風呂のマグネットフック」の3商品を検証してみる。

 

「お風呂のブラシ」

「お風呂のブラシ」(希望小売価格 税別880円)は、丸みを帯びたフォルムがかわいらしい掃除用のブラシ。サイズは約122×89×74mmで、女性の手にもしっくりと来るサイズだ。

 

我が家のお風呂は一般的なユニットバス。ゴシゴシと床をこすってみると…おぉ!取れる!! 床にある凸凹のヘコみの部分の汚れまで掻き落とせるではないか!

持ち手部分も手にフィットするからか、それほど力を入れなくても掃除可能。さらにブラシが外側に広がっているおかげで広い面積を一気に洗えるし、スミまで届きやすいのも助かる。

もちろん収納用のフック穴付き。しかも壁に掛けると、なんだか心をくすぐるキュートさがある。これは今までの掃除用品には湧かなかった感情で、観るたびに嬉しくなってしまう。

 

「お風呂のスリッパ」

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。