体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【憧れシゴト図鑑】 [Alexandros]、SILENT SIREN、ポルカドットスティングレイほか、人気アーティストのMVを手掛ける映像監督・かとうみさとさんインタビュー

【憧れシゴト図鑑】 [Alexandros]、SILENT SIREN、ポルカドットスティングレイほか、人気アーティストのMVを手掛ける映像監督・かとうみさとさんインタビュー s_IMG_8941 s_IMG_8941

SILENT SIREN、ポルカドットスティングレイ、[Alexandros]、バンドじゃないもん!、ぼくのりりっくのぼうよみ…と音楽好きならワクワクするようなアーティスト名が並ぶ。映像監督、CGデザイナーとして活躍するかとうみさとさんがこれまで一緒に仕事をしてきたアーティストたちだ。彼女はどうやって今の仕事に就いたのか、バイタリティ溢れるその軌跡を聞いた。

アーティストが叶えたいイメージを映像化する仕事

ポルカドットスティングレイ「レム」(アルバム『全知全能』収録曲)のMV。撮影には丸2日かかったという。

――MV(ミュージックビデオ)やCMなどを手掛けるクリエイティブプロダクション「A4A」に所属するかとうさん。入社3年目、まだ26歳の彼女は、アーティストのMVで映像監督を務め、CG制作やCDジャケットのアートディレクションなども手掛けている。

「MVの監督を任せられるようになったのは1年半ぐらい前からです。知り合いのプロデューサーに“実写を撮ってみたい”と相談したところ、“合いそうなアーティストがいるのでやってみないか”と勧められたのがきっかけです。それまでは、MVやライブで使用するCG制作が主な仕事でした。今は、社長である東市篤憲(とうし・あつのり/A4Aの代表取締役であり、映像ディレクター)と共同で監督をすることもあります。ポルカドットスティングレイのボーカルの雫さんやSILENT SIRENのメンバーは、年齢も近いせいか感性が似ている部分もあって、打合せはとても楽しいです」

――「映像監督」という肩書はよく目にするが、実際にはどんな仕事なのだろうか。

「アーティストが叶えたいと思っているイメージや夢を映像によって実現したり、いちリスナーとしての感想を表現して世界観を広げる仕事だと思っています。例えばポルカドットスティングレイの場合は、最初の打合せから雫さんが脚本を書いてくるんです。それを東市と私、雫さんの3人で、どう映像で表現できるか、追加要素はないかなどじっくり話し合います。それを絵コンテにおこし、細かいチェックを受けてから撮影です。

[Alexandros]「Feel like」(アルバム『EXIST!』収録曲)のMV。

[Alexandros]の川上洋平さんも、MV全体のビジュアルイメージを具体的に持っているタイプだと思います。一方、SILENT SIRENは、楽曲のコンセプトやイメージはありつつも、映像でのアウトプットの大枠は任せてくださるので、彼女たちの想いを汲み取って撮ります」

――アーティストのMVはオシャレでかっこいい作品が多い。こんな映像をどうやったら思い付くのか。それは“直観”だという。

「曲を聴いて情景が浮かぶことが多いですね。だから作品には自分の趣味嗜好が強く出ていると思います。直感を大切にしているので、気を付けているのは、歌詞に寄り添い過ぎないこと。寄り添い過ぎるとイメージが広がらないんです。SILENT SIRENのアルバム『GIRLSPOWER』(2017年12月27日発売)。CDジャケットのアートディレクションを手がけた。
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。