体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文具好きは絶対行くべき!「文具女子博」

文具好きは絶対行くべき!「文具女子博」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。12月12日(火)のオンエアでは、15日(金)から17日(日)までの3日間、東京流通センターで開催される「文具女子博」を取り上げました。

たくさんの文具をその場で体験、購入できる、日本最大級の文具のイベント。世の中に文具好きの人はすごく多いのに、実際にいろんな文具をその場で見て、好きな文具を好きなだけ買えるフェスのようなイベントがあまりないのが開催に至ったきっかけだそう。

ちなみに「文具女子博」という名前は、マスキングテープやおもしろ付箋をはじめ、ブームになっている文具は女性発信が多いから。「文具好きな女子は、自分を含め、確かに多いかも…」とクリスもコメントしていましたが、とはいえもちろん、男性も入場できます!

会場にはおよそ82社の文具メーカーが出展。先行発売、初出し商品、文具女子博限定商品などもあるそう。

企画も盛りだくさんで、例えば1回200円で引ける「マスキングテープくじ」。これは、マスキングテープがくじになっていて、当たりを引き当てると、人気のマスキングテープやデザインテープがもらえるそう。また、くじに当たっても外れても、参加するともらえるオリジナル台紙に好きなだけマスキングテープを貼れるようになっているそうです(笑)。

また、「ペーパーバイキング」という企画では、様々なメーカーのノート用紙から好きな紙を15枚選んでノートを作れるそう。1枚ずつ違う紙にしてもいいし、全部同じメーカーの紙でもいいし、世界でたった一つのノートが作れます。こちらは無料ですが、先着順です。

そんな「文具女子博」ですが、実行委員の方がおすすめのものをお聞きしました。

「個人的に気になっているのは、コクヨの測量野帳です。ロングセラーの手帳で、もともとは測量士が使うノートで、表紙と裏表紙が厚めなので外でも下敷きなく文字が書きやすいんです。小型でポケットにも入るんですが、今、これがブームで、コレクターは『ヤチョラー』と呼ばれています。今回もレアなものが出ると聞いているので買いに行かねばと思っています」

あるようでなかった文具の祭典「文具女子博」。気になった方は週末、足を運んでみてはいかがでしょうか。

さて、12月13日(水)の「GOOD NEIGHBORS」は、スペシャル企画ということで、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトがナビゲート! 市川紗椰さんとスター・ウォーズトークも繰り広げます。どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。