体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミャンマー伝統の家庭料理が味わえるお店

12月12日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、歌になった街をのんびりお散歩した中で、「スィゥミャンマー」(東京都新宿区)が紹介された。

こちらは高田馬場駅から徒歩3分程の所にあるミャンマー・アジア料理レストラン。店主はミャンマー出身の方で、店内の壁には写真・日本語と共にミャンマー語が記載されたメニューがズラリと貼られている。

お店に立ち寄った藤吉久美子さんは、1番人気のミャンマー料理「モヒンガー」(750円)を注文。スープはミャンマー伝統の調理法でナマズの身から取った出汁にレモングラス、玉ねぎ、唐辛子を加えて煮込んだもので、臭みがなく、アッサリとした口当たりが特長。米で作った麺にスープをたっぷりとかけたら出来上がりだ。

藤吉久美子さんは「トムヤムクンっぽい香りがしてますけども…」と言いながらスープを一口飲むと、「あ!違う!見た目と香りがちょっと似てるかなと思ったけど、全然違いますね!うーん。美味しいです。好きです!あ、辛い!おいしい!辛うまで!」と絶賛していた。

更に、発酵させたお茶の葉、ひよこ豆、干しエビ、ごまなどを和えたミャンマー独自のサラダ「お茶の葉のサラダ」(860円)も頂く事に。藤吉久美子さんは「キレイ!彩りが良いですね!」と笑顔を浮かべながら一口食べると、「あ!ピクルスみたいな!おいしい!サクサク!ビールに合う!」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:スィゥミャンマー(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:高田馬場のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介
ぐるなび検索:高田馬場×アジア・エスニック料理のお店一覧
プリプリの身が味わえる「極上トロさば刺身」
広島産の牡蠣を使った「牡蠣の土手鍋」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。