体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広島産の牡蠣を使った「牡蠣の土手鍋」

12月12日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、東京で楽しむご当地鍋を特集した中で、「かきの家・大崎・think・park店(カキノヤオオサキシンクパークテン)」(東京都品川区)が紹介された。

JR大崎駅から2分ほど歩いた大崎シンクパークタワー1階にある同店は、新鮮な生牡蠣を使った「生牡蠣盛り合わせ」や「カキフライ」「牡蠣餃子」「牡蠣の磯辺巻き」など様々な牡蠣料理が堪能できるお店。

寒い時期に人気のメニューとして広島名物の「牡蠣の土手鍋」(1人前1,280円/税抜き)を紹介。「牡蠣の土手鍋」は大きくて濃厚な味わいと言われている広島産の牡蠣を使用した土手鍋で、旬の野菜や牡蠣を山盛りにして味噌で煮込んだ一品。甘みの強い西京味噌と米味噌などをブレンドした特製味噌が土手のように盛り付けられており、鍋を火にかけてお好みで味噌を崩し、味を調整しながら食べるのが広島県の食べ方なのだとか。

「牡蠣の土手鍋」を目にした仲谷亜希子さんは「わぁー!すごい牡蠣がこれでもかっていうぐらい山積みですねー!」と驚きの声を上げた。鍋の牡蠣を食し「んー、ほんのり甘い味噌と濃厚なクリーミーな牡蠣が相性バッチリですね。牡蠣って火が通ると、よりいっそう旨味に重厚感が加わるんですよ」と絶賛した。

店内で鍋を食していたお客さん達は「熱っ!でも、うまい!どうしよう、また(牡蠣を食べに)来ちゃう」「牡蠣15個ぐらいいけそうです、結構食べます」などとコメントし、笑顔で料理を楽しんでいた。

お店では「牡蠣の土手鍋」以外にもキムチたっぷりの「牡蠣の土手キムチ鍋」(1人前1,330円/税抜き)や、すき焼き風の「牡蠣すき鍋」(1人前1,430円/税抜き)といった牡蠣鍋を楽しむことができる。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鉄板焼き居酒屋 かきの家 大崎シンクパーク店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大崎のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:大崎×居酒屋のお店一覧
プリプリの身が味わえる「極上トロさば刺身」
広島産の牡蠣を使った「牡蠣の土手鍋」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。