体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

史上初・羽田のJAL格納庫で300人超の「踊ってみた」開催。ニコ生でも中継

史上初・羽田のJAL格納庫で300人超の「踊ってみた」開催。ニコ生でも中継

 株式会社ドワンゴが日本航空(JAL)とコラボし、羽田空港のど真ん中にあるJALの格納庫で大規模な踊ってみたオフ「踊ってみたフェス Powered by JAPAN AIRLINES」を12月28日に実施します。

 キレのあるダンスでおなじみのJAL社員・岡本さんや、ニコニコで活躍する踊り手をはじめ、事前応募による一般ユーザーを含めて総勢300人超の規模。周りは飛行機が休みなく離着陸する中で、格納庫がダンスフロアに!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 会場となるのは、羽田空港の新整備場地区にある、JALメインテナンスセンター2内の格納庫。最大5機の航空機が同時に収容できるという、約3万2000平方メートルの広大な空間です。ここに300人超の踊り手が集結すると考えると、すごいことになりそう……。

 テーマ曲は、4月に開催された「ニコニコ超会議2017」の「超踊ってみた」企画で八王子Pさんが書き下ろしたJALとのコラボ楽曲「バタフライ・グラフィティ」。参加者にはオリジナルTシャツが配布されて、JALのコーポレートカラーである赤と白で格納庫内を彩ります。

 一般参加の事前応募は「踊ってみたフェス Powered by JAPAN AIRLINES」特設サイトで12月15日の12時まで募集中。また、この「踊ってみた」終了後には、定員50名で「JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜」でJALの歴史や歴代制服、様々なサービスの展示を見学するツアーも実施されます(完全予約制のため「踊ってみた」参加申込時に合わせて申込・定員を超えた場合は抽選)。

 当日、この「踊ってみたフェス Powered by JAPAN AIRLINES」は、「ニコニコ生放送」で中継予定。会場の雰囲気を楽しむこともできますよ。

■イベント概要
ニコニコ踊ってみたフェス Powered by JAPAN AIRLINES
開催日時:12月28日(木)12:00〜18:30(予定)
会場:JALメインテナンスセンター2内格納庫(東京モノレール羽田線「新整備場」駅徒歩2分)
スケジュール:踊オフPart 12:00〜14:30、LIVE Part 14:30〜16:00、FREE Part 16:00〜18:30(予定)
 出演者:足太ぺんた/あすぱら/仮面ライアー217/JALの岡本さん/てぃ☆イン!/まなこ/やっこ/夕香里/しゃばだばSTEP/SHIRAHAN/SHARE LOCK HOMES/FantasticYouth/佐藤家/JAL JETS

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】チャレンジャークラスの使用機がエッジ540V2に。オーバーGのルールも変更
航空自衛隊も参加するアメリカ空軍の「クリスマス・ドロップ作戦」12月11日スタート
フィリピンの海底で戦艦山城・扶桑ら「西村艦隊」5隻発見

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。