体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINE誤送信に対処する「送信取消」機能を提供開始

 LINE株式会社は、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」において、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を、12月13日に提供開始したと発表した。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 メッセージの取り消しは、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択すると、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことができる。
LINE誤送信に対処する「送信取消」機能を提供開始操作イメージ / 画像提供・LINE株式会社

 取り消すことができるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読両方のメッセージが対象となる。グループトークや複数人トークにも対応し、スマートフォンに加え、デスクトップ版も利用可能。ただし、スマートフォンに届く通知メッセージは取り消すことができない。

 取り消し後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示される。

 なお、メッセージを取り消すことができるのはLINEの最新バージョンからとなる。

関連記事リンク(外部サイト)

カオナシ?!セルリアン?!手足が生えた巨大ダンボール箱にネット民大ウケ
「ちゅ~る かって?おねがい」 まるでおねだりしているような猫が話題
ウニたちの仁義なき戦い……?キャベツを巡る争いっぷりにびっくり

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。