体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Airbnbが宿泊先の詳しい情報をARやVRで確認できるような機能をテスト中

先日、Airbnbが宿泊代割り勘機能をリリースしたことを紹介したばかりだが、次にAirbnbはかなり大きな新機能を加えようとしているようだ。次のステージはVR(仮想現実)とAR(拡張現実)だ。

これらの機能、宿泊の予約時だけでなく宿泊中も快適になりそうなのだ。

・VRで立体的に部屋の雰囲気を確認できる

今のところ、部屋の雰囲気や細かな様子を確認するには、ホストが掲載している写真に頼るしかなかった。しかし、この新たなVR技術が採用されると、360°撮影と3Dスキャンによる部屋の立体的な様子を確認することができるようになるそうだ。

写真と文字の情報だけで部屋の雰囲気を掴むのは苦労するため、これはかなり助かる機能ではないだろうか?ゲストは、実際に部屋に入り込んだような感覚で部屋の間取りを確認でき、今までより簡単に宿泊先の決定ができるようになるだろう。

・ARで宿泊中の必要事項についての説明を受けられる

宿泊時にはAR技術が活躍する番だ。人の部屋に泊まることになるため、電化製品や設備の使い方に関してよく分からないことはあるだろう。壊してしまうのも怖いので、使わずに置いておくゲストも多いのでは?

しかし、新たに採用されるAR技術を使えば、例えばスマホのカメラをかざすと、ホストがそれぞれの設備の使い方をARコンテンツで紹介してくれるようになる。さらに、飾り物などの私物にカメラをかざすと、それらにまつわる情報や個人的なエピソードを表示してくれるようにもなるそうなのだ。

これらはAirbnbにぴったりの大変ユニークな機能といえる。まだテスト段階なので具体的なリリース時期は定かではないが、リリースされれば私たちの宿泊体験がさらに向上することは間違いないだろう。

執筆:Doga

Airbnb Newsroom

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy