体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINE、誤送信メッセージの「送信取消」機能を本日より提供開始

LINE は 12 月 13 日、かねてより提供を予告していた LINE メッセージの誤送信を防止する「送信取消」機能を本日より提供すると発表しました。これで LINE では 24 時間以内に送信されたトークルームのメッセージを相手のトークルームからも削除することが可能になります。取消可能なメッセージは、テキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴です。既読・未読に関わらず削除することはできますが、通知は削除できません。メッセージを削除する場合には、送信したメッセージを長押しし「送信取消」をタップすると削除されますが、アプリ上にはメッセージを取り消したという内容が双方のトークルームに表示されます。これはこれでまた意味深なメッセージと誤解されそうです。

■関連記事
Google、Android版Googleマップで公共交通期間のアップデート情報をリアルタイムに配信するテストを実施
OnePlus 5 / 5TはDRMの欠落でNetflixとAmazonのHD動画を視聴できない
Googleの電話アプリに重複クリーンアップやダイヤルアシスト機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。