体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリぼっちは、高さ20㎝超のすた丼でスタミナ聖夜にガチでハマれ!

 

そんなクリスマス、できればパスしたい……いや、でもなぜかトライしたくなる!?「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」が、とんでもないクリスマス限定メニューをぶちまけた!

 

その名も「爆弾すた丼がっツリー盛り」

 

店には「ひとりきりのクリスマスに「すた丼屋」からのプレゼント。クリぼっちへ捧ぐ! すた丼屋史上最高20cm越え!」と挑発的(!?)な文字が踊っている。

 

12月11~25日のクリスマス限定メニューで、各店舗1日20食限定という悩ましい展開。「12月24・25日は限定なし」というが、人間、やっぱり「限定」というワードに弱い。さっそく、その爆弾すた丼がっツリー盛りを試してみた。

 

総重量1150グラム、1190円…この数字にも痛い語呂合わせ

 

まずスペックに驚く。ライスはすた丼並盛の「飯増量」、肉はすた丼並の肉にプラス、肉増し5回分。つまり並盛の約3.2倍! さらに、トッピングでキムチ・とろろ・ねぎがドサッと……。

 

すた丼屋サイドの公式説明では、「雪に見立てたふんわりとろろと、キムチの赤、ねぎの緑でクリスマスをイメージしたボリューム満点のツリー盛り」というが、見たままのインパクトは、クリスマスツリーでもなんでもない。“限界への挑戦すた丼”の冬版だ。

 

総重量は1150グラム。価格は「ひとりでもいいクリスマス」の頭文字をとって1,190円。

 

伝説のすた丼屋 渋谷宇田川町店の人に聞けば、「販売目標杯数をはるかに超え、初日から1日2倍以上の注文がある。きょうもすでに4杯出た」というから、「マジかよ……」とうなだれてしまう。

 

とにかく、この「爆弾すた丼がっツリー盛り」と対峙している間は、クリスマスも正月も忘れてしまう。そういう意味で、「クリぼっちへ捧ぐ」というサブネームは、正しいかもしれない。

 

ぜったい、ウマいやつの本
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。