体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【住む街ガイド】小説『笑う警官』の舞台・札幌は、多彩な表情を持つ平和な街だった

小説『笑う警官』『警察庁から来た男』(佐々木譲・著)の舞台・札幌。都会であり大自然も広がる多彩な表情が描かれる平和な街で、彼らの息づかいを感じてみた笑う警官 佐々木譲・著 741円 角川春樹事務所

笑う警官
佐々木譲・著 741円 角川春樹事務所警察庁から来た男 佐々木譲・著 679円 角川春樹事務所

警察庁から来た男
佐々木譲・著 679円 角川春樹事務所『笑う警官』『警察庁から来た男』のあらすじ

警察組織の不祥事を内から暴く痛快シリーズの2作。
容疑者と目されたかつての相棒・津久井巡査部長。潔白を証明したい警部補の佐伯が、仲間とともに事件の真相を追う道警シリーズ第一段『笑う警官』。
シリーズ第二段の『警察庁から来た男』では第一段に登場する面々に警察庁から来たキャリア監察官の藤川が加わり、新しい事件の真相に迫る。チームの一体感、読ませる展開にぐっとくること間違いなし!ただの観光地じゃない! 都会*自然が生んだ住みよい街

碁盤の目のように規則正しく区画された街並み。札幌市街の道は実にわかりやすい。JR札幌駅南口を下り、駅前通りを真っ直ぐ進めば大通公園だ。佐々木譲による「道警シリーズ」ではこの札幌を舞台に、主人公の警部補率いる有志チームと腐敗した警察組織内部のスリリングな攻防が描かれた。

シリーズ第一作である『笑う警官』では序盤から中盤にかけて棋譜を読むように淡々とストーリーが進み、実際に起きた事件をベースにした物語であることを強調、緊迫感を増幅させた。

そしてクライマックスでは道警本部や北海道議会議事堂など実在する場所を舞台に敵味方入り乱れ、情報が錯綜するスピード感あふれる展開に……。実際にその場を訪れると、狭いエリア内で物語が展開されていたことがわかる。一秒、数mの攻防を想像し、思わず手に汗が滲んだ。

道外に住む者にとって札幌と言えば、大通公園周辺やススキノなどの都市部・繁華街を想像しがちだが、これほど多彩でコントラスト豊かな表情を持つ街は日本の地方都市で他に例がない。大都市圏周辺の住宅街には約195万人が暮らし、市の西部・南部には支笏洞爺国立公園をはじめとする北海道ならではの大自然が広がっている。

暮らしやすいだけでなく、いかにも小説や映画の舞台に適したロケーションだ。紛れもない豪雪地帯だが、それも札幌が持つ表情の一つであり、「さっぽろ雪まつり」など大雪を逆手に取った名物を生み出した。作中では事件が勃発するが、実際はいたって平和な街である。観光名所でもあり札幌の街のシンボルのひとつ、時計台 観光名所でもあり札幌の街のシンボルのひとつ、時計台札幌駅周辺のスポットMAP 札幌駅周辺のスポットMAP小説に登場するスポットを歩いてみよう!スポット①:大通公園大通公園。札幌市街を東西に走る「大通」の車線中央を公園とした憩いのスペースだ 大通公園。札幌市街を東西に走る「大通」の車線中央を公園とした憩いのスペースだ大通公園は官公庁街に近いことから作中にも度々登場する
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。