体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【reGretGirl インタビュー】しばらく失恋以外は歌うつもりないです(笑)

普遍性すら感じる日本語ギターロックの3ピースバンドでありつつ、歌詞のテーマは全曲、“失恋”。一点突破に懸けるバンドのフロントマン平部雅洋(Vo&Gu)の真意とは?
L→R 前田将司(Dr)、平部雅洋(Vo&Gu)、十九川宗裕(Ba) (okmusic UP's)
──ここまで失恋の歌だけ一点突破的に書く人は初めてかなと思いました。
「確かに。僕、back numberが好きで。自分が振られた時にback numberを聴いて、“僕もこういうふうになりたいな”と思ったのがきっかけですね。それ以降、失恋ばっかり歌ってます(笑)。自分のことを歌ってて周りが付いてくるというのがすごいなぁと思ったし、“こういうのもありなんやな”と思って今音楽をやってるところはありますね。」
──今回のミニアルバム『my』も失恋のみで貫かれていて。
「あんまり恋愛経験人数が多くないからやと思います。そうなると同じ人に書いちゃうので、今回のアルバムみたいになったのかなと。」
──失恋は人生上一番大きな出来事だったということ?
「そうですね。バンド始めた頃に振られたんですけど、もう二度とそんなことはないやろなと思ったぐらいの失恋ですね。それが原因でいろいろダメになったこともあって、ちょっと引きこもった時もあったんで…外も全然行かんかったり。大学にも馴染めなくてありとあらゆるバランスが崩れてそうなったのかもしれないです。」
──音楽にすると、だいぶ軽やかなものになる?
「結構ポップな感じに聴こえるんですけど、それでいいと思います。だからって、かたちにしたところでその気持ちが消えるわけではないんですけど。でも、こうやってマイナスをプラスに変えてやりたい音楽ができるならそれもすごい武器なんじゃないかなと思います。」
──曲の作り方はどんな感じですか?
「曲によるんですけど、歌詞は常日頃から取っているメモの中からいろんなワードを組み合わせて作っていくんです。曲を作る時はサビのメロを1番に考えて、それに当てはまるいい感じの歌詞を考えてから、他のAとかBに乗せて作っていくので、同時進行なのかもしれないですね。そんなに曲か歌詞か絶対にどっちが先とかではないです。」
──ギターロックバンドというところで、音楽性で影響を受けたのはどんなバンドですか?
「最近のバンドって結局コード感って似てくると思うんですけど、僕らもその一環で。でも、やっぱback numberとかMy Hair is Badだったりクリープハイプが好きなんで、そっち路線というか、意識したコード感ではありますね。」
──「after」はクリープハイプっぽいなと思いました(笑)。
「(笑)。だいたい曲は僕が作って持っていくんですけど、この曲だけちょっと特殊で、メンバーでセッションしながら作りました。なんか疾走感のある曲が欲しいなと思って。」
──“後悔”っていう言葉がバンド名にあるのは制約にならない?
「歌う内容はバンドが大きくなっていったら変わっていくものかもしれないと思ってます。でも、現状はこのままです。しばらく失恋以外は歌うつもりないです(笑)。」
──他の人間関係とかより恋愛だと。
「バンドが有名になってきて、失恋以外の需要が出てきたらそういう歌を書くやろうし、書くべきやろうし。でも、今は“reGretGirlはどんなバンド?”って段階にいるんで、“俺たちはこういうバンドや”“俺たちはこういう音楽をやってるんや”っていうのを提示するには今のテーマでやっていくべきやと思ってます。」
取材:石角友香
ミニアルバム『my』
2017年12月13日発売

No Big Deal Records

NBPC-0047

¥1,944(税込)
reGretGirl
リグレットガール:大阪を中心に活動中。切なく女々しい歌詞とキャッチーなメロディーが特徴の次世代センチメンタル3ピースギターロックバンド。初の全国流通盤ミニアルバム『my』を12月13日にリリース。
「ホワイトアウト」 MV

https://youtu.be/aM7ZwfhUXTg「デイドリーム」 MV

https://youtu.be/W16ICI0MthMミニアルバム『my』 Trailer

https://youtu.be/dcqj9Z5vpsU

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。