体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白いペプシはクリスマスケーキ味?! 『ペプシクリスマスコーラ』の味わいやいかに

 

毎年12月になると、クリスマスがやってくるように、様々なカラーリングで登場する「ペプシコーラ」も、もはや恒例行事といっても過言ではないだろう。今年は両方合わせてやってきたということだ。というわけで(?)クリスマスシーズンに向けて、その名もずばり『ペプシクリスマスコーラ』が登場。過去にも「青いペプシ」や「ピンクのペプシ」をたしなんできた記者が、「白いペプシ」の味わいをテイスティングしてみた。

「クリスマスケーキ」をほうふつとさせるペプシとは?

サントリー食品インターナショナルより新たに季節限定でラインナップされた『ペプシクリスマスコーラ』(490mlペットボトル・希望小売価格 税抜 140円・2017年11月21日発売)。パッと見はホワイトソーダのようで、これまでの青い『ペプシバオバブ』(2010年発売)や『ペプシ ピンク』(2011年発売)に比べると、見た目的なインパクトは、そこまでではない。

 

しかし、その味の説明を見てみると、「クリスマスケーキのクリームのような甘酸っぱいストロベリーの香りの白いコーラ」とある。クリスマスらしい華やかなパッケージとは裏腹に、なかなかにパンチが効いている。頭の中でまったくペプシの味とリンクしない!

クリスマスらしくシャンパングラスに入れてみる。繰り返しになるが、見た目は美味しそうなホワイトソーダでも、クリスマスケーキモチーフのペプシである。

 

とはいえ、『ペプシバオバブ』のときも、飲んでみたら意外とハマる味わいに驚いた記憶がある。さっそくちょっと早めのペプシクリスマスを楽しもう。

ガッツリとした炭酸と甘みが抑えられた、爽やかな飲みごたえ

実際に口に含んでみると、最初は見た目通りホワイトソーダのようなマイルドな口当たり。サイダーにも似ているなと思って喉を通すと、後味としてうっすらと『ペプシコーラ』の甘みが残る。

 

チキンなどこってりとした味付けの食品が並ぶ、クリスマスパーティーの場に合いそうだ。ペプシの独特の甘みが苦手な人でも、これならイケるのではないか。爽やかな味わいと印象で美味しい1杯だった。

「クリスマスケーキ風味」というインパクトとは裏腹に、爽やかでクリスマスシーズンにピッタリな「白いペプシ」。

 

家でクリスマスパーティーをする際に、ソフトドリンクとして用意すれば、話題にも事欠かなさそうだ。

 

季節限定なので、店頭に並んでいるうちに、ぜひ飲んでみてほしい。来年以降も登場するであろう「ペプシコーラ」の新色も楽しみだ。

サントリー ペプシクリスマスコーラ 490ml×24本
サントリー ペプシクリスマスコーラ 490ml×24本

関連記事リンク(外部サイト)

『ペプシストロング』有糖コーラならではのキレのある甘み&レモン味、そして強炭酸・強カフェインの新体験!
まろやかなのにスッキリ!? こだわりの『タリーズロイヤルミルクティー』がセブン&アイで限定発売中!
『キリン 世界のKitchenから ほろにがピール漬け蜂蜜レモン』10年分の世界のお母さんの知恵を凝縮!
トクホのスプライト『スプライト エクストラ』は脂肪と中性脂肪にアプローチする強炭酸タイプ!
自宅に居ながらバー感覚が味わえる『ブリュワーズ・バー〈琥珀色のラガー〉』なら晩酌がぐんと贅沢な気持ちに!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。