体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カフェのインテリアとこだわりの器 Vol.1】とっておきの絵皿で心から豊かになる。ポートマンズカフェ×アンティーク風

【カフェのインテリアとこだわりの器 Vol.1】とっておきの絵皿で心から豊かになる。ポートマンズカフェ×アンティーク風

毎日の食事のスタイリングをもっと素敵にできたなら、家族の食卓がもっと楽しく華やぎそう。ここではどんなテイストのインテリアにどんな器が合うのかを、都内の素敵なカフェをお手本にお見せします。第一回目は東京・清澄白河のポートマンズカフェ。

年代を超えて愛される、どこか懐かしい空間

画像参照元 : ***

2011年にオープンした「ポートマンズカフェ」。アンティークショップで買い付けた家具とオーナーのご実家の北海道のレストランから譲り受けた家具、そしてスタッフが半年かけて手作りした内装が魅力です。

例えばカーテンは軍のテント生地。三角の生地を張り合わせて長方形にしてカーテンにしてみたのだとか。そんなアンティーク風のカフェで提供している、食事の器を見せていただきました。

 

古さや柄が生きた、目で楽しめる器を選ぶ

▲ポートマンズチーズケーキ(コーヒーとセットで750円)

食器もインテリアと同じく、さまざまなメーカーやブランドで集めているそう。友人と同じ料理を頼んでも、出てくるお皿が違うのは楽しいですね。

コーヒーカップは昔の海外のホテルで使われていたもの。こちらも割れてしまい数も減ってきたため、少しずつ歩いて見つけたら買い足す形で仕入れているそうです。その地道さに強いこだわりを感じます。

木のソーサーとカトラリーは現在のものですが、カップやお皿の雰囲気にマッチするものを厳選。カトラリーに関しては、アンティークでいいものが見つけたら購入することも。

ケーキ皿はノーマン・ロックウェルの絵皿。
「スイーツをおいしく見せるよりも目で楽しんでもらうという提供をしています。飾る用のお皿もありますが、かわいいのでうちでは使ってしまっています(笑)」とカフェマネージャーの芦田幸代(あしだ ゆきよ)さん。

ワンプレートのランチのお皿は、平日は忙しい会社員たちのために数も必要なので白いお皿ですが、週末の金曜土曜はゆっくりと食事をされる人も多いため、スペシャル感のある絵皿に週末用のデリを盛りつけています。

金曜日にこのお皿に盛りつけられたランチを見て、気づけば近づいていた週末にほっと肩の力を抜き、午後のお仕事もがんばれそう。

 

体にやさしい、地元のホッとする味を届けたい

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。