体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

USB-C端末にも対応! バッテリーパック「X6」はたっぷり容量2万mAh

1つの端末を1回充電して「ハイ終わり」というモバイルバッテリーパックではなく、できることなら複数の端末を同時に充電できる安心容量のタイプがほしい。

そう考えている方に今回紹介したいのが、容量2万100mAhの「X6」。USB-Cを含む計5つの出力ポートを備えていて、高速充電にも対応する。

・iPhone Xなら5.3回充電

開発元によると、容量2万mAhというのはiPhone XやiPhone8 Plusを5.3回フル充電できる容量。

と聞いて、さぞかしかさばる大きさなのでは、と懸念する人もいるかと思うが、サイズは11×6.9×4.2センチ、重さ386グラム。コンパクトとはいわないが、携帯するのに許容範囲内ではある。

・残量を%で表示

X6の特徴は、USB-C1つ、USB4つ、計5つものポートを備えていること。同時に複数のデバイスを充電することが可能だ。

USB-Cの口はX6そのものの充電ポートも兼ね、MacBook Proを充電するときは45Wの出力となる。

もう一つのポイントとしては、充電ポートの近くに小さなLEDディスプレイがあり、バッテリーの残量がどれくらいあるのか%で示されるのも便利だろう。

X6は現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を展開中。すでに目標額を達成し、現在は59ドル(約6700円)〜となっている。出資は来年1月3日まで受け付け、来年4月の発送を予定している。

X6/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。