体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼氏みたいなマツダ RX-8と、新しい世界を楽しんでいます

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲愛車RX-8を手に入れてから、大きく生活が変わったというオーナーの岩崎 遥さん

▲愛車RX-8を手に入れてから、大きく生活が変わったというオーナーの岩崎 遥さん

女子だってカッコいい車に乗りたい

人生は「まさか」の連続だ。「まさか私が○○するなんて……」はよく聞く台詞。岩崎 遥さんの場合、「まさか私が『車を好きになる』なんて……」だ。

元々はインドア派。車に全く興味がなくて、部屋やゲーセンでゲームを楽しむ日々。バイトで稼いだお金で関連グッズも買いあさっていた。

変化のきっかけは、ちょっとありがちだけど車好きの彼氏。当然、彼氏の周囲もみんな車好きだ。そんな彼らと付き合ううちに、ある車を知ることになる。

出会いのきっかけは、パラパラとめくっていた自動車雑誌。それまで、車は助手席でOKと考えていた遥さんのハートを射止めたのは、R33型のスカイラインGT-Rだった。

どうしてもこの車に乗ってみたくて、すぐに免許を取りに行ったという。ゲーム関連のグッズを買わずに貯金していれば、頭金を入れてローンが組めたのに……などと後悔しても後の祭り。

まずは、運転の練習のために、手頃な車を購入することにした。それが、今の愛車であるRX-8だ。決め手は、R33と同じ5速MTだったこと。よい練習になると思った。

▲彼氏の影響ですっかり車好きになった。手頃だからという理由で選んだRX-8だが、今では「愛おしくて仕方がない」という

▲彼氏の影響ですっかり車好きになった。手頃だからという理由で選んだRX-8だが、今では「愛おしくて仕方がない」という

「本当にこの車に乗ってるの!?」と言われるのも、実はちょっと嬉しい

しかし、乗り始めると愛着が湧くもの。納得のいく外観にしたくて、自分なりにカスタムして、お気に入りの1台に仕上げた。

元々、人と同じことが好きではない。ファッションも高校時代からロリータ系。といっても、甘かわいいロリータではなく、ちょっと大人っぽいクラシックロリータ。

そんなファッションの女子がRX-8から降りてくるギャップも気に入っているという。

RX-8と出会ってからは、生活が大きく変わった。ゲームなどのインドア派だった趣味は鳴りを潜め、車で出かけることが増えた。

特に楽しいのは、同じRX-8に乗る仲間との交流だ。当初は彼氏と一緒に車好きの集まりやイベントに行っていたが、今では1人で交流会などにも足を運ぶ。

千葉や埼玉、遠くは静岡まで。友人の幅も広がり、遠方の友人同士を引き合わせるなど、自分から率先して動くようにもなった。

最近は、ひいきにしているパーツブランドの人と懇意にしたり、素人モデルとして車と一緒に撮影をしたりもしている。RX-8を買う前には、考えられなかったことだ。「世界が広がった」と言う。

今は、もう少しRX-8のドレスアップを頑張って、納得のいく仕上がりにしたいと思っている。その先は、憧れのR33型のスカイラインGT-Rだ。

実は、R33型のスカイラインGT-R、先に彼氏に買われてしまったのだとか。それがきっかけで、ちょっとしたケンカもあったと笑って語る。

うらやましいと感じることもあるが、そのステアリングを握らせてもらったことはない。

手に入れたときの楽しみに取っておきたいそうだ。

▲お気に入りの刺繍が入ったステアリング。もっともっとドレスアップして、納得いく仕上がりにしたいようだ

▲お気に入りの刺繍が入ったステアリング。もっともっとドレスアップして、納得いく仕上がりにしたいようだ

▲普段は「クラシックロリータ」系のファッションを好んでいる。カスタムされたRX-8とのギャップがなんとも素敵だ

▲普段は「クラシックロリータ」系のファッションを好んでいる。カスタムされたRX-8とのギャップがなんとも素敵だ

どんなクルマと、どんな時間を?

RX-8(初代)と、まるで彼氏と過ごすような時間を。

ロータリーエンジンを搭載したスポーツカー。4ドア・4シーターながら、クーペのようなスタイルが魅力。センターピラーをなくした観音開きスタイルは特徴的だ。前後の重量配分はほぼ50:50で、操作性の高さも人気の一因だ。

▲アルミホイールやエアロなど、ドレスアップが施されている岩崎さんのRX-8

▲アルミホイールやエアロなど、ドレスアップが施されている岩崎さんのRX-8

▲愛車は……

▲愛車は…… この車を探してみる 「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちらtext/コージー林田

photo/茂呂幸正

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる
「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy