体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LG、次期フラッグシップ「G7」に独自の虹彩認証モジュールを搭載か?

LG が世界知的所有権機関(WIPO)にスマートフォン向けの虹彩認証技術に関連する特許を出願したことで、同社の次期フラッグシップモデル「G7」に虹彩認証機能が導入されるとの予想が伝えられています。富士通や Samsung が一部のモデルに導入している虹彩認識は、一般的に赤外線センサーがユーザーの目を照らし、虹彩パターンをカメラで捕捉。それを事前に登録したものと照合することによって本人かどうかを認証します。LG スマートフォンに搭載されるかもしれない虹彩認証も基本的にはこれと同じ仕組みで動作すると見られますが、LG イノテックは昨年、韓国電子展でフロントカメラに虹彩認識関連のセンサーを内蔵したモジュールを披露しており、G7 にはそれが使用されるとも見られています。虹彩は生体認証で使われる人体の部位の中でも偽装が比較的難しいことから、セキュリティ的には良い取り組みだと言えますが、虹彩認証は環境光の具合によっては精度が著しく低下したり、正面から画面をまっすぐに見ないと上手く読み取らないなど、利便性の点で課題を抱えています。それよりも今はフェイスアンロックがホットな生体認証技術なので、LG も次期フラッグシップでこれを導入してくるのかどうかにも注目が集まっています。

■関連記事
OnePlus、会社設立4周年を祝いプレゼント企画を実施
Sony Mobile、富士山をモチーフにした新テーマ「Mount Fuji Theme」をリリース
iPhone Xのデザインを再現したLeagoo S9が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。