体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィンランド独立100周年! 記念イベント「FIN/100」が21_21 DESIGN SIGHTで開催中

fin-100-popup_001

フィンランド発の人気ブランドが集合

2017年12月6日(水)から12月25日(月)まで、東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3 」にてポップアップイベント「FIN/100」が開催されています。

フィンランド独立100周年となる今年、フィンランドのブランドから記念イベントや特別プロダクトのリリースが続いています。FIN/100は、100周年を祝う老舗から新鋭までいま注目のフィンランドブランドが集まり開催されるポップアップイベントです。

イベントのコンセプトは「NEUTRAL(ニュートラル)」。緯度の高いフィンランドは昼と夜の狭間、明るくも暗くもないニュートラルな時間「SININEN HETKI(BLUE MOMENT)」が長く続きます。また、フィンランドの独立以来、政治をはじめとしたあらゆる分野で「民主的」「平等」「ニュートラル」をテーマとしてきました。暮らしのなかで自然と育まれた価値観を、今回の企画を通して伝えます。

インテリアブランドのARTEK(アルテック)、テーブルウェアのiittala(イッタラ) / ARABIA(アラビア)、テキスタイルのJohannna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)など様々なジャンルのフィンランドブランドが参加。「100のできごと」と題されたトークイベントやワークショップも予定されています。

ショッピングもイベントも、誰もが気軽にフィンランドカルチャーに触れられる20日間です。

fin-100-popup_003 参加ブランド

アルテック:インテリアブランド、イッタラ/アラビア:テーブルウェア、ヨハンナ・グリクセン:テキスタイル、カウニステ フィンランド:テキスタイル、ルミ:レザーバッグ、ラプアン カンクリ:ファブリック、フローラオブフィンランド:ハーバリウム

▽会場の様子

fin-100-popup_011 fin-100-popup_012 fin-100-popup_013 fin-100-popup_014 fin-100-popup_015 Photo:Petri Artturi Asikainen
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。