体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、Android 8.0タブレット「SHT-AL09」「SHT-W09」「CMR-AL09」「CMR-W09」を開発中

Huawei の新しい MediaPad と見られる Android 8.0 タブレット「SHT-AL09」「SHT-W09」「CMR-AL09」「CMR-W09」の User Agent Profile が同社の公式サイトで公開され、その存在が確認されました。これら 4 モデルはいずれも Android 8.0 や 2,560 x 1,600 ピクセルのディスプレイを搭載しています。未だかつてこのような仕様の製品は発売されておらず、また、型番の規則性やタブレット向けの解像度を採用している点から考えても、これらはタブレットデバイスだと推測できます。型番的には SHT 系と CMR 系でまとめることができ、AL09 型番は中国向けの LTE モデル、W09 型番は Wi-Fi モデルだと判断できます。MediaPad の最新モデルは MediaPad T3 / M3 シリーズなので、これらには MediaPad M4 あるいは MediaPad T4 の製品名が付与されると予想されます。Source : Huawei(SHT-AL09)(CMR-AL09

■関連記事
HMD Global、Nokia 5のAndroid Oreoベータテストを開始
ASUS、自撮り特化型モデル「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」をMVNO経由で発売
NTT西、公衆電話ボックスをフリーWi-Fiや携帯基地局として貸し出すサービスを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。