体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『Call Me By Your Name』(原題)、GG賞主要3部門にノミネート アカデミー賞大本命へ前進

映画『Call Me By Your Name』(原題)、GG賞主要3部門にノミネート アカデミー賞大本命へ前進

 ルカ・グァダニーノが監督を務めた映画『Call Me by Your Name(原題)』が、【第75回ゴールデングローブ賞】の主要3部門にノミネートされた。

 ノミネートされたのは、、主要部門となる作品賞(ドラマ部門)・主演男優賞(ドラマ 部門/ティモシー・シャラメ)・助演男優賞(アーミー・ハマー)の3部門。賞レースを牽引する注目作として、アカデミー賞ノミネートにもさらなる期待がかかる。

 第43回ロサンゼルス映画批評家協会賞の作品賞に輝いた本作は、1983年のイタリアを舞台にエリオとオリヴァー2人の青年の恋を描いたアンドレ・アシマンの同名小説を映画化。エリオ役を務めたのは「インターステラー」のティモシー・シャラメ。オリヴァーを「コードネーム U.N.C.L.E.」「ジャコメッティ 最後の肖像」のアーミー・ハマーが演じている。本作は賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前哨戦である【ゴッサム賞】、【ロサンゼルス映画批評家協会賞】を制覇している。映画『Call Me By Your Name』(原題)は、2018年春よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開。

◎公開情報
『Call Me By Your Name』(原題)
2018年春よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開
監督:ルカ・グァダニーノ
脚色:ジェームズ・アイヴォリー
原作:アンドレ・アシマン
出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(C)Frenesy, La Cinefacture

関連記事リンク(外部サイト)

ミシェル・ロドリゲス×シガニー・ウィーバーの女対決! 映画『レディ・ガイ』試写会に10組様ご招待
ジェイ・Z、「アドニス」のMVを公開 『ムーンライト』俳優マハーシャラ・アリ主演
映画『ムーンライト』、“チョップド&スクリュード”にインスパイアされたサントラにも注目

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy