体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野 源、1年間を記録したオフィシャルイヤーブックを発売決定

星野源の1年間の音楽活動を余すことなく記録したオフィシャルイヤーブックを発売することが決定した。2017年1月に開催したライブ『星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』』で幕をあけ、自身初のMV集『Music Video Tour 2010-2017』のリリース、自身最大規模の全国アリーナツアー『星野源 Live Tour 2017『Continues』』の開催、そしてオリコンウィークリーシングルチャート1位を獲得したシングル「Family Song」が誕生した2017年を、星野源自らの言葉で存分に語ったロングインタビューをはじめ、細野晴臣と山下達郎が参加した超豪華三者鼎談も実現!
星野 源 (okmusic UP's)

さらに、奥山由之による撮り下ろしフォトストーリー第2弾や、映像ディレクターの山岸聖太と構成作家の寺坂直毅による『星野源に限りなく近い2人が語る』対談企画や、ギャラクシー賞5月度月間賞を受賞した音楽&トーク番組『おげんさんといっしょ』を解剖する、ライターお戸部田誠(てれびのスキマ)執筆のスペシャルコラム、シングル「恋」から「Family Song」への変遷を語る音楽ジャーナリストの高橋芳朗によるインタビュー、MUSICA編集長の有泉智子との3rdアルバム『Stranger』全曲徹底解説、星野源をよく知る著名人からの『みんなの極私的星野源レビュー』等、全128ページにわたって音楽家・星野源の2017年を、様々な角度から切り取った超豪華な1冊となっている。

また、放送前から大きな話題となって音源化が熱望された、自身のレギュラーラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のスペシャル企画「2時間生演奏!星野源Live Tour 2017『Continues』inラジオブース」のスタジオライブ音源を収録したCDと、購入者のみが利用できるWEBサービス「YELLOW PASS」に登録できるアクセスコードも付属。そして、ライブの最速チケット先行受付(抽選)への応募が可能になる他、TV番組観覧、フォトギャラリーなどの限定サービスも実施するとのこと。

さらに、前作のオフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』を購入した現YELLOW PASSの登録者が『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』を2018年1月15日までに購入すると、継続特典としてライブ『星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』』と『星野源 Live Tour 2017『Continues』』を切り取った、全40ページの豪華フォトブック『YELLOW DOCUMENT』が付属されるので、前作をご購入の方は要チェックだ。
書籍『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』

¥4,000(税込)

サイズ:256mm×192mm

仕様:スリーブケース+YEARBOOK+CD/カラー/128P

販売場所:アーティストオンラインショップ「A!SMART」ほか、各ライブ、フェス会場を予定。

アーティストオンラインショップ「A!SMART」(http://www.asmart.jp/hoshino_gen)でのみ予約販売受付中

※発送は2018年3月中旬~下旬を予定。

※販売数には限りがございます。

<収録内容>

星野源超ロングインタビュー

【星野源×細野晴臣×山下達郎】三者鼎談

【星野源×奥山由之】撮り下ろしフォトストーリー

映像ディレクター・山岸聖太 ×構成作家・寺坂直毅による対談

スペシャル・コラム「『おげんさんといっしょ』の魔法」【戸部田誠(てれびのスキマ)】

インタビュー「『恋』から『Family Song』へ」

3rdアルバム『Stranger』全曲徹底解説

アートワーク解説

衣装・グッズコレクション

「みんなの極私的星野源レビュー」

HOSHINO GEN 100 Q&A

…and more

■付属CD『YELLOW DISC』収録楽曲

「夢の外へ」、「Night Troop」、「雨音」、「ギャグ」、「恋」、「時よ」、「Continues」、「Friend Ship」(8曲+オープニング&エンディングトーク)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy