体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。

そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。

このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウスのアイデアが発表されました。手がけたのは、米フロリダに拠点を置く企業「Arkup」。海の上を自由に移動しながら自給自足で暮らすことができる、まるで高級ホテルのような佇まいの住居用ヨットになるのだとか。

屋根のソーラーパネルで
電力供給

非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

住居用ヨットの屋根にソーラーパネルが設置されているのが見えるでしょうか。

屋根一面に敷き詰められたパネルからは約30kwの電力が供給され、生活に必要な電力はすべて賄うことができるとArkupは発表しています。

水に関しても雨水を浄化して飲料水や生活用水に変換するシステムが搭載されており、さらに衛星テレビやWi-Fi用のアンテナも備えられているので現代の生活をそのまま水上に持ち込むことができるそう。非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

ヨット内の広さは約210平方m。開放的なリビング、設備の行き届いたキッチン、4つの寝室があり、ベッドはキングサイズが用意されています。ガラス張りの窓からは美しいオーシャンビューを常に眺めることができます。

ラグジュアリーな空間で、都市の喧噪からかけ離れた生活ができるというのは何と贅沢なことでしょう。都会の生活に疲れた人は、ちょっと現実から離れた生活をすることで心が元気になるかもしれませんね。非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

住居として高性能なのはもちろんですが、そもそもは「ヨット」として作られているということを忘れてはいけません。

36馬力のアジマススラスター2基を備えており、時速約13kmで移動できます。それほど速いわけではありませんが、急がない旅であれば十分なスピードです。

停まりたいときには、ただエンジンを切るだけでなく浅瀬(水深6mまで)にジャッキをつけることも可能で、こうすることで揺れを抑えることができます。非日常を味わえる、水に浮かぶ優雅な「自家発電ハウス」。

まだコンセプトとしての段階ですが、別荘やホテルとして非日常を味わう住居としても、普段の住居としても今後開発が進んでいく予定です。このヨットを使った水上レストラン、なんてものも増えていくかもしれませんね。

海に心を惹かれて海辺の町に住むことを夢にする人はきっと多いと思いますが、「海に住む」を現実にできる日もそう遠くはないのかも。ロマン溢れるプロジェクトの実用化が楽しみです。Licensed material used with permission by ARKUP LLC

関連記事リンク(外部サイト)

太陽光と「雨水」から発電できるソーラーパネルが開発されている!(中国)
水上に浮かぶコンテナハウスは、コペンハーゲンの「学生寮」だった。
「窓ガラス」が全てソーラーパネルになる!開発が進む、透明フィルムの正体とは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy