体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鼻水がつららに?トランペッター・黒田卓也が語るNY

鼻水がつららに?トランペッター・黒田卓也が語るNY
J-WAVEの番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「WORLD CONNECTORS」。12月10日(日)のオンエアでは、11月23日(木)に伊勢丹新宿店本館で行った公開収録の模様をお送りしました。

この日のゲストは、ニューヨークを拠点に活躍するジャズトランペット奏者・黒田卓也さん。

はじめに、黒田さんが住むニューヨークのクリスマスシーズンについて質問すると、「街中がイルミネーション満載です。マンハッタンの真ん中にあるユニオンスクエアでは、広場を埋めるくらいの出店が並びます。もみの木も売られています」とニューヨークの賑やかな様子をお話しくださいました。

ニューヨークのクリスマスシーズンには、多くの場所でもみの木が売られているそうで、それをみんなが大小選びながら買っていくそうです。

玄理は12月のニューヨークを訪れたことがあり、とても寒かったと話しましたが、「12月も寒いですけど、2月は鼻水がつららになりますからね」と黒田さん。12月を過ぎるとさらに寒くなるのですね…。

続いて、黒田さんが現在お住まいのニューヨーク・ブルックリンについての話題になりました。

「2003年に行った時は右も左も分からなかったので、マンハッタンに住んでいました。でも、そこには若者があまり住んでなくて、家族を持つ方が住んでいたんです。だから、全然面白くなかったんですよ。外に出ても面白い店もないし、ライブやってるところもないし…」(黒田さん、以下同)

その頃、英語の授業で仲良くなった日本人がブルックリンに住んでいたそうで、「その頃は電車もなかなか通らないし、治安もそこまでいいとは言われてなかったけど、若いアーティストが集まって、元倉庫を改造して住居にするとか、面白いムーブメントの走りだった時だったんです」とのこと。ブルックリンの環境に魅力を感じた黒田さんは、意を決してブルックリンに住み始めたそうですが、住み始めた12〜3年前と、今では街が大きく変化したのだとか。

「当時はレストランも全然なくて…でも今は、アップルストアやシティーバンクなど、言い出すときりがないくらい大きな企業の店舗が建ち並び、観光地のようになっています。家賃も当時と比べると2倍近く高くなってるんじゃないかな」

現在、ブルックリンにある黒田さんの自宅にはたくさんの友人が訪れているそうです。「ニューヨークで活動するミュージシャン、画家、デザイナー、映像エディターなど、一流で頑張ろうと思っている連中が集まってきます。全然仕事がないときも『まあ、明日はなんとかなるだろう』って感じで、くだらない話をしたり、料理を作り合ったりしてますね。最近、僕はカレーに凝ってます」と、ブルックリンでの暮らしぶりを話してくださいました。

年々盛り上がりを見せる街・ブルックリン、ぜひ訪れてみたいですね! 番組では、公開収録でのスペシャルライブの模様もお送りました。

次回、12月17日(日)は、12月のホノルルマラソンから正月かけて、多くの日本人が訪れるハワイの情報を中心に、世界的ヒューマンビートボクサーREATMOの生パフォーマンス、さらに海外のラジオ局に繋いで、現地の最新カルチャーを紹介します!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy