体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【住む街ガイド】小説『1リットルの涙』の舞台・豊橋は美しい池に癒やされる街だった

小説『1リットルの涙』(木藤亜也・著)の舞台・豊橋。小説ではない日記という現実の重さを豊橋という街が受け止める。彼女が見つめていた景色を共有したくなる1リットルの涙 木藤亜也・著 575円 幻冬舎文庫

1リットルの涙
木藤亜也・著 575円 幻冬舎文庫『1リットルの涙』のあらすじ

「病気は、どうしてわたしを選んだのだろう」
脊髄小脳変性症という原因不明の難病により、25歳でこの世を去った著者の、発病から20歳までの日記を収めた文庫版。本人が綴ることが難しくなった以降をまとめた母・潮香さんの手記もぜひ併読を。忍び寄る病を怖れつつ訪れた池のほとり

豊橋市街の中心部に近い場所に、向山大池がある。ここは、亜也が養護学校への転校を考えている時期に、友人のSちゃんと訪れた場所だ。季節は冬。日記の中で彼女が「渡り鳥の鳴き声を聞きながら話した」と書いているように、冬には水面に数多くの渡り鳥が遊ぶ。小説ではない現実の日記、近くには実際に彼女が通っていた母校、豊橋東高校があり、ドラマではロケも行われている。

このあと、彼女の日記にはほとんど屋外の描写がなくなり、病状の進行と共に日記自体が4年後には途切れてしまう。架空世界の小説と違い、難病で亡くなったことを考えると重いけれど、彼女が見つめていた景色を共有したくなる。小説に登場するスポットを歩いてみよう!スポット①:向山大池江戸時代初期に作られた向山大池

江戸時代初期に作られた向山大池

向山大池は江戸時代初期に作られたため池。周辺は向山緑地公園として整備され、市街地の中にある市民の憩いの場所として親しまれている。4月下旬にはつつじまつりも開催される。

●住所:愛知県豊橋市向山町字池下
●アクセス:JR・名鉄豊橋駅からバス「大池」または「台町」下車徒歩1分豊橋の暮らしやすさについて

愛知東部の中核都市。東へ向かえば浜松駅までJR東海道線で約34分、新幹線なら1駅で約12分。西へは名古屋鉄道で名鉄名古屋まで約49分、東海道新幹線で約30分。駅までの距離にもよるがこのあたりが通勤範囲。温暖で海と山に恵まれ、快適に暮らせるはず。ただし、買い物に限らず生活を便利にするにはマイカーが必要だろう。

豊橋駅の家賃相場はこちら!
豊橋駅の賃貸物件はこちら!
愛知県の賃貸物件はこちら!

文=上田奉久
写真=阿部昌也

※「CHINTAI2017年9月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2017年11月24日発売号の特集は「賃貸DIY」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/

 あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。