体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IIJ、FLiRの赤外線サーマルカメラを備えた「CAT S60」を国内発売

インターネットイニシアティブジャパン(IIJ)は 12 月、世界で初めて赤外線サーマルカメラを搭載した Android スマートフォン「CAT S60」を同社の MVNO サービス「IIJmio」の対応デバイスとして発売しました。CAT S60 は、英国の端末メーカー Bullitt Mobile が米国の建機メーカー Caterpillar 社よりブランドライセンスを受けて開発したタフネススマートフォンです。そもそも海外では 2016 年初頭より販売されており、約 1 年半経過したところで国内でも販売されるようになりました。スマートフォンとしては旧型の機種になりますが、赤外線カメラを備えている点においてはとても魅力的です。Cat S60 は、5m 防水や MIL-810G 準拠の耐衝撃性、さらに 180cm の高さからの落下にも耐える堅牢ボディが特徴の 4.7 インチスマートフォンです。背面に FLiR 社の赤外線サーマルカメラを搭載しており、50 ~ 100 フィートまでの範囲でサーモグラフィーを作成できます。赤外線カメラの用途としては、工場や建設現場で煙や発火、人物の残存などを確認ためです。また、対象物の温度を測ったり、例えば自宅内に居ても外に人がいるのかどうかを熱分析で確認することもできます。CAT S60 の価格は 79,800 円 + 税で、カラバリはブラック 1 色になります。Source : IIJ

■関連記事
電話アプリに「ビデオ通話」ボタンが表示開始、通常の音声通話からDuoのビデオ通話への切り替えがスムーズに
Honor 7X / 8 / 8 Pro / 9 / V9はAndroid Oreoにアップデート予定
Simejiの顔文字大賞、今年は『それな ( ᐛ )σ』に決定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。