体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『テニプリ』効果で子どもがテニスに夢中になる!?

tennis

今年1月、テニス全豪オープンでの錦織圭選手のベスト8進出で日本中が沸き、最近では彼の出演するユニクロのCMが放映されるなどの影響で、日本のテニスキッズはだいぶ増えたのではないでしょうか。

とはいえテニスはサッカーとは違い、小さな子どもが自分からやりたがることはあまりなく、親がやらせたいスポーツのようです。テニススクールに入れてはみたものの、本人のモチベーションが上がらない、とお悩みの親御さんはたくさんいることでしょう。
そこでわたくし、『テニスの王子様』を見せると子どもがすごくやる気になるとのウワサをもとに、当時幼稚園年長の息子で実験してみました。

結果は……もちろん効果テキメン。アニメというのが子どもをひきつける要因だったようです。男の子であれば特にカッコつけたいという思いが潜在的にあるため、主人公・越前リョーマ君のクールさがたまらないのでしょう。息子は『テニスの王子様』にハマって以来、テニスの日には彼にならって必ず白いキャップをかぶり、コーチがいない場所ではかたくなに片手バックハンドにトライします。
※いまどきスクールでは基本的に両手バックハンドしか教えません。コーチの前で片手バックハンドなんてやったらコート外に立たされます。

『テニスの王子様』、アニメは現在放映されていないようなので、DVDレンタルなどでぜひ試してみてはいかがでしょうか。また、小学生以上のお子さんならマンガから入っても良いかもしれません。

ちなみにこの越前リョーマ君は、ラリーの途中でどこからかいきなり10球に増えたボールを一度にすべて打ち返す、というスゴ技を習得しています。
あなたのお子さんがそれをまねて3球同時に打ち、当然3球ともあらぬ方向に飛散するのをただ眺めるという無駄な時間を過ごすこともあるかもしれませんが、あたたかい目で見守ってあげましょう。

何よりモチベーションが大事なのです。

画像引用元:『写真素材 足成』
http://www.ashinari.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「マリカ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。