体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『新宿駅の空いてるトイレがわかる』小田急アプリ 「これを待っていた!」と話題に

電車に乗っているときに頭を悩ませるトラブルのひとつが、トイレ問題。車内でお腹に刺激を感じたり、急に気分が悪くなったりして、慌てて次の駅で降りてトイレを探した経験、誰でも一度はありますよね。

「こんな機能を待っていた」と、SNSで共感の声

そんなときに頼もしい味方が現れて話題になっている。2017年6月7日から配信されている「小田急アプリ」だ。列車のリアルタイムの走行位置などを知らせる「小田急アプリ」には、駅のトイレの空き状況のわかる機能が搭載されているのだ。これが発表されるや否や、SNSを中心に「素晴らしい!」「コレ待ってました」と話題となり、すでに7万ダウンロード (2017年10月末時点)を突破した。

アプリには、IoTでトイレの空室状況を把握・管理する「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」が採用されており、小田急線「新宿駅」構内のトイレの空室状況を確認できる。使い方はいたって簡単だ。

アプリのメニューから「各駅情報」にアクセスし、新宿駅を選んで「駅構内図」のタブをタップ。

さらにトイレをタップすると、下のようにトイレの場所と空室状況が示される。西口地下改札外のトイレが満室で、南口改札横のトイレが空室とわかる。

では、この空き状況はどれくらい正確に反映されているのだろう? TIME & SPACE取材班が新宿へ行って確認してみることになった。

まずは小田急線「新宿駅」前で「小田急アプリ」でトイレの空室状況をチェック!

アプリで確認すると、西口地下改札外のトイレは男女ともに満室。南口改札横のトイレはともに空室のようだ。実際にスマホ片手に西口にあるトイレへ行ってみると、男女ともに使用中。その足で南口のトイレに向かうと両方とも空室であった。アプリの情報は正しかった

ちなみに小田急「新宿駅」のトイレは西口が地下にあり、南口が1階にあるため距離が離れている。今回のように、先に南口のトイレに空きがあるとわかっていれば、満室の西口トイレには向かわずに、南口トイレへ直行すれば良いので、時間のロスが少ない。やはり事前に空室状況がわかるのはありがたいものだ。現状、トイレの空室がわかる機能は小田急線「新宿駅」のみだが、今後ほかの駅にも採用されることを期待したい。

アプリの開発では“お客さまにとってなにが必要か”を意識した

ところで、なぜトイレの空室を管理する機能を「小田急アプリ」に搭載しようと思ったのか? 小田急電鉄株式会社IT推進部の山田 聖さんに話を伺った。


小田急電鉄株式会社 IT推進部 課長代理 山田聖さん

「“お客さまにとってなにが必要か”を意識して、アプリの機能を選定しました。そして、『自分自身が列車に乗っている時に欲しい情報はなんだろう?』と考えたことがトイレの空室管理を採用したきっかけです。乗車中でもトイレの場所や空き状況がわかると、非常に便利ですよね。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。