体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【「おやつの食べ方」についての調査】管理栄養士が実践する対処法とは?

夜中についつい手が伸びてしまうおやつ……

小腹がすいたときについつい手が伸びて、誘惑に勝てず夜中にお菓子、なんてこともあるんじゃないでしょうか。後悔するとわかっていても、一度クセになってしまうとなかなかやめられないですよね……。

「正しく食べる」をコンセプトに管理栄養士がダイエットや健康管理をサポートする、パーソナル食事トレーニング「ダイエットプラス」を運営する株式会社フィッツプラスは、「ダイエットプラス」に登録する管理栄養士に対して「管理栄養士のおやつの食べ方」についてのアンケートを実施いたしました。

栄養指導のプロである管理栄養士さんたちは、この誘惑とどう折り合いをつけているのでしょうか?
今回はその結果をご紹介します。

管理栄養士の「おやつの食べ方」について調査結果

「おやつを日常的に食べていますか?」の質問に対し、55.5%の管理栄養士が「毎日ではないが時々食べる」、40.9%の管理栄養士が「ほぼ毎日食べる」と回答し、9割以上の管理栄養士がおやつ(間食)を食べていることが分かりました。
おやつを食べるタイミングは「午後」が最も多く、67人(63.2%)。続いて多かったのは「夕食前後」で18人(17.0%)であり、最も少なかったのは「深夜」で4人(3.8%)でした。

食べ過ぎたときの対処法は、「夕食を中心に、次の食事内容や量で調整する」という声が大半を占め、具体的には「野菜を多めにとる」「主食などの糖質や、脂質を抑える」という調整方法が多くありました。

また、ダイエット中におすすめのおやつは、ゼリーとフルーツが同数で1位。ゼリーはこんにゃくゼリーやゼロキロカロリーゼリー、寒天を勧める声が多く、フルーツはビタミンを摂取できるという理由が多数。その他、ミネラルなどの栄養価が高いナッツや、噛み応えのある乾物類、タンパク質の摂取できるヨーグルトなどもランクインしました。

【1】「日常的におやつを食べますか?」


【2】「おやつを食べるとしたら、いつ食べることが多いですか?」(複数回答)
※1で「食べる」を選択した管理栄養士が回答

【3】「おやつを食べすぎたときに、カロリーの帳尻合わせのためにやっていることはありますか?」
※1で「食べる」を選択した管理栄養士が回答。回答一部を抜粋

・次の食事で、炭水化物の量を減らし、かみごたえのある野菜海藻を多くとる。水分無糖のものをたくさん飲む。
・夕食時間が遅くなり食間が8時間以上空くような場合は、15時から夕方の時間帯で補食を摂るように心がけています。帳尻合わせというよりも、補食を摂ることで夕食時に空腹感があまりなく、軽めの夕食で済ますことができます。
・昼食、夕食の量を減らす。お菓子はどうしても糖質が中心になりがちなので、主食の量を減らしたりして調整します。
・夕食を鍋にするなど、野菜類とタンパク質、きのこ類や白滝などで調節。
・カロリーよりも糖質をとったときに有酸素運動や筋トレをやります。
・とにかく歩きます。その後の食事内容の脂質を抑えたりします。
・おやつの食べ過ぎは殆どありませんが、もちろんストレッチはします。或いは食事の内容を加減します。(炭水化物を減らす。海藻、きのこ類を使った副菜をプラスする)

【4】「ダイエット中の方にオススメするとしたら、どんなおやつをオススメしますか?」

■調査概要
調査期間:2017/11/24 ~ 2017/11/30
有効回答:110人(回答者はすべてダイエットプラスに登録する管理栄養士)
調査方法:インターネット調査
パーソナル食事トレーニング「ダイエットプラス」調べ

▼パーソナル食事トレーニング「ダイエットプラス」
https://dietplus.jp/

▼株式会社フィッツプラス
https://fitsplus.co.jp/

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。