体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョン・ボイエガ、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のプレミア直前にアトランタで立ち往生

ジョン・ボイエガは12月9日(現地時間)に、Twitterを通して冗談を交えた助けを募った。

ボイエガは、悪天候のためアトランタの空港から出られず、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のプレミア上映を逃すかもしれないとツイートした。

ボイエガは、「アトランタよ何てことだ。誰も出発できないようだ。これからここで家族でも作るか…」と、コメントした。

アトランタの天気予報によると、同市は大雪に見舞われ、停電や倒木の発生によって交通機能が麻痺している。

ボイエガは、「寒い!太ももはもはや熱を感じない」「ロサンゼルスでのプレミアに間に合わなければ!パイロットが必要だ!!!」と、続けた。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、ボイエガの懇願に「ハハハ、オーマイゴッド。ここに来るんだ、ジョン!」と、返信した。

ボイエガは同作で、元ストームトルーパーのフィンを演じている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、ハリウッドで12月9日(現地時間)の夜にプレミア上映された。その後、12月15日に一般劇場公開する。同作は、ルーク・スカイウォーカーの指導でフォースの力と共に自身の能力を開発するレイに焦点が当たる。ルークはレイのパワーの強さに不安を抱く。フィンは、最後のシーンでポッドのようなカプセルで背中の怪我から回復を図るが、トレーラーではグウェンドリン・クリスティー演じるキャプテン・ファズマと対決するシーンが見られる。






Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。