体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんかダサくない? いつものフィッシュボーンを可愛く変化させるヒントとコツ!

フィッシュボーンは簡単だけど使いにくい? そんな声もありますが……

フィッシュボーンとは、2つに分けた髪の毛の両端を交互に編み合わせていく編み方のこと。簡単にできるフィッシュボーンはヘアアレンジ初心者の強い味方だと思います。

でも実際にやってみると、編み込んだ見た目のクセが強く、ほかのデザインやコーデと合わせにくく感じてしまうことも多いよう……。
今回はそんなフィッシュボーンをおしゃれに楽しむコツを解説します。

デザインやコーデに合わせやすいフィッシュボーンとは?

上の画像を見てみてください。左側が修正前、右側が今回のお手本です。
どちらもフィッシュボーンで、編み手順は全く一緒です。

左側のフィッシュボーンは、雑誌やサイトなどでよくみる形ではないでしょうか?
フィッシュボーンであることに間違いはないのですが、シルエットにメリハリがなくて細かい編み目は伝統工芸品の様な感じです。確かに、普段のコーデに合わせるとなると、少し難しい感じがしますね。

ではこれを踏まえて、右側を見てください。
ゆるふわなエアリー感のあるシルエットにすることで、今っぽい雰囲気に仕上がります。今回は、このように修正していきましょう。

きれいシルエットのゆるふわフィッシュボーンのポイント

1. サイドの毛束を引き締めるように意識して編み、毛流れに引き締まりを生み出します。
そして編むときはザックリと。顔周りの髪は、似合わせにも影響するので注意してください。

2. 編むたびに左右に引いて締めます。これも美シルエットのため。

3. ここから先はアクセントに毛先まで編み込まず、くるりんぱで変化をつけます。

4. 最後は、両サイドを編みはじめ部分に集めてピン留め。毛流れにキュッとくびれができてキレイです。

何か一つ取り入れるだけでも印象が変わるのでお試しください。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。