体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、「ARステッカー」をPixelに提供開始へ

Google は 12 月 11 日、Pixel 2 シリーズに最近追加した、あるいは今後まもなく追加する予定の新機能を公式ブログで公開しました。記事では大きく 4 つの事柄について紹介していますが、その中でも新情報と言えるのは「AR ステッカー」の提供開始だけです。AR ステッカーとは、カメラアプリで拡張現実に対応したステッカーを貼り付けて写真や動画を撮影できるというものになります。Xperia の AR ファンにも似ていますね。AR ステッカーの提供そのものは 10 月 4 日の Made by Google イベントでアナウンスされていますが、提供時期は明らかにされていませんでした。Google によると、AR ステッカーは Android 8.1 Oreo 以上を搭載した Pixel スマートフォンで動作し、数日以内に提供されます。AR ステッカーでは仮想的なキャラクターや様々な絵文字を使って写真や動画をデコる機能で、カメラアプリを起動し、AR ステッカーモードに切り替え、ステッカーパックを選択してカメラにドロップすると利用できます。上記の他は、Google レンズの機能拡張、Google アシスタントのスペイン語・イタリア語のサポート、Android 8.1 からの Wi-Fi スピードラベルの追加などを紹介しています。Source : Google

■関連記事
$399のGoogle Home Maxが米国で発売開始
国内のGoogleストアでDaydream Viewの販売が開始
Android Oreoに導入されたオートフィルはアプリのフォームに自動入力するのでとっても便利

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。