体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子連れ海外を楽しむ3つの備え。かわいいパスポートの作り方から飛行機のぐずり対策まで【サクライクvol.7】

子連れ海外を楽しむ3つの備え。かわいいパスポートの作り方から飛行機のぐずり対策まで【サクライクvol.7】

1歳児の息子を連れてハワイに行ってきました。子連れ海外を楽しくするには、備えが肝心。納得いく写真でパスポートを作るコツや、機内でギャン泣きさせないお助けアイテムなど、とれたてほやほやの情報をご紹介します。

年末年始、子どもを連れて初めての海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか。

我が家は遅めの夏休みで、11月末にハワイに行ってきました。1歳8ヶ月の息子は初めての海外。そもそも子連れの移動は荷物が多いものですが、国外ではまた準備の内容が変わってきます。

そこで今回の『サクライク』は、子連れ海外を楽しく快適にするポイントを3つご紹介します。

目次

見るだけでうれしいパスポートを作る
・写真は自宅撮影がベスト
・アプリで印刷しやすく加工

子どもアイテムのパッキング
・大量のかさばるおむつ
・お洋服はサイズとコーデに注意
・万が一のケガや病気に備えて

機内のぐずり対策は徹底的に
・初見のベビーブックやおもちゃ
・子どもが自由に使えるタブレット
・時間のかかるお菓子や飲み物
・ベストな座席は、トイレやギャレーのすぐうしろ

見るだけでうれしいパスポートを作る

写真は自宅撮影がベスト

海外旅行に欠かせないパスポート。12歳未満の子どもは5年用しか作れないとはいえ、せっかく6000円も払うなら、かわいい写真で作りたいのが親心です。

でも、パスポートセンターの撮影室や証明写真機で、1歳児がベストスマイルを作れるとは思えません。そこでおすすめなのが、自宅撮影。条件さえ満たしていれば、スナップ写真が使えるんです。

絶対に押さえておくべき条件はこちら。

無帽で正面を向き、目元に前髪などがかかっていない

背景や陰、他者や家具などの余分なものが写っていない

縦45mm×横35mmサイズで、中央に顔が写っている

自宅に白い壁がなければ、シーツなどを貼って撮ってもいいようです。シンプルな背景がつくれたら、いつものようにデジカメやスマートフォンで撮影すればOK。どこで撮るよりもリラックスした表情になるはずです。

……はずでしたが、息子の表情はとってもいまいち。カメラを向けると「チーズ」のポーズを撮ってしまうという別の問題も発生しました。そこで、自宅撮影ならではの裏技“抱っこ”を発動です。

ほかの人物が一緒に写っているのはだめなので、抱っこしている夫にはできるだけのけぞってもらい、息子のピンショットを撮ることに成功しました。息子も、大好きな抱っこによって自然な笑顔。両手を自然に押さえつけられるので、ポーズも封印できています。

念のため、抱っこする人と子どもの洋服を同色にしておくといいですね。顔のアップにすれば、万が一すこし服が写っても、誰のものかわかりません。

 

アプリで印刷しやすく加工

納得のいく写真が撮れたら、印刷します。『証明写真〜かんたん・キレイな履歴書カメラ』は、カメラロールの写真を証明写真サイズに加工できるアプリ。写真を選ぶだけで、パスポートサイズの4枚切りに調整してくれます。

▲あとは、この画像をそのまま写真屋さんなどでL版印刷するだけ。コンビニのネットプリントでも印刷できます。

1 2 3 4次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。