体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイルドな自然の地 ハワイでの自給自足生活の魅力

ワイルドな自然の地 ハワイでの自給自足生活の魅力
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。12月11日(月)から4日間は、ロミロミ・プラクティショナーで、ハワイ島プライベートガイドのジュンカ・アリオカさんにお話を伺っています。

ジュンカさんは、電力も自給自足するオフグリッドでオーガニックなライフスタイルを実践する人たちの小さなコミュニティ、プナ地区のジャングルで暮らしています。この地域は一度、溶岩で流れた後に生命が吹き返した場所なので、エネルギーが強く、ワイルドな自然が残っている場所が多いそう。白人が独自のヒッピーコミュニティを作ったところでもあるそうです。

水はウォーターキャッチメントで雨水を集め、ガスはプロパンガスを購入して料理などに使います。電気は小さなソーラーパネル2枚しかないので、夜はキャンドルで生活。東京での便利な暮らしとは違いすぎるとジュンカさん。

ただ、ジュンカさんはハワイに行く前、東京から鎌倉に引っ越し、畑で土いじりをしたり、海に入ったりして自然の中で暮らすための準備を少しだけしていたので、ハワイでも困ることは無かったそう。

草が生い茂った中にある小屋で、コキフロッグというハワイ島にいるカエルの大合唱を聞きながら暮らすと、自然と動物と自分の境界線が無くなり「1人な感じがしない」と言います。施術などで人と会う機会が多くなると、1人でいる時間も大切にしたい、1人でいる時間も大事、と感じ、「動物やスピリットに守られているのか、寂しさは感じない」と話してくれました。

引き続き12日(火)も、ジュンカさんにハワイ島のオーガニックライフのお話や、ロミロミの真実について心に響くお話を伺います。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。