体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒルトン、アプリで部屋の電気やブラインドを調整できるスマートホテル展開へ

スマホでホテルを予約できるのはもう当然として、最近はスマホをデジタルキーとして使えるホテルもある。

ホテル大手ヒルトンもそうしたサービスを展開しているが、その取り組みをさらに推進する。宿泊客が、自身のスマホにダウンロードしたアプリで、宿泊する部屋の照明やブラインドを調整できる「Connected room」を提供すると発表した。

・スマホがリモコン

ヒルトンはすでにアプリ「Hilton Honors」を展開している。メンバー制で、予約や事前チェックイン、部屋の選択などができるというものだ。

チェックイン時にルームサービスや、アメニティの追加なども用意しておくようリクエストすることもできる。これだけでもかなり使い勝手のいいアプリだが、さらにスマホをリモコンとして使えるようにするのがConnected roomだ。

・音声操作も視野

具体的には、部屋に入る前に部屋の明るさや室温などを好みの設定にしたり、ベッドに寝転がったままスマホでブラインドを閉めたり、テレビをつけたりといったことができる。

ゆくゆくは音声コマンドにも対応するようにしたい考えのようだ。

現在このサービスは1カ所で試験中。今後数週間のうちに試験施設を増やし、来年には世界展開する計画という。快適なホテル滞在をテクノロジーがサポートする時代になったようだ。

Connected room

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。