体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

『Google Home』や『Amazon Alexa』など私が知る限りだけど、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。

なのに、B-Reelが開発した「Sammi(サンミ)」は、ちょっと気分屋なところがある。なぜかというと“彼女”は、スウェーデンのおばあちゃんの人格を意識してつくられているのだ。

おばあちゃんと、
「おしゃべり感覚」な毎日

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

女性:「Sammi、会議室を15時に予約して」

Sammi:「人に何か頼むときは何て言うの?」

女性:「お願いします」

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

男性:「ねぇSammi、カニエ・ウェストの曲をかけてくれない?」

Sammi:「わかったわ。良い曲かけてあげるから」

《全く違う、民族音楽を再生》

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

男性:「!?」

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

男性:「Sammiは、私たちが寒くないように温かくしてくれます」

サンミ:「マフラーを編んであげるわ」

 《手編みのマフラーの柄をプリントしてくれた》

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

男性:「彼女は、私たちを幸せな気持ちにしてくれます」

《お酒のイラストをプリント中…》

気分屋さんだけど、「人生のアドバイス」をしてくれるAIアシスタント

おせっかいだけど、
「優しい」AIアシスタント

ちょっと厳しいところもあるんだけど、Sammiから優しさを感じてしまった。あえて“完璧ではない”音声アシスト機能を開発した理由をB-Reelに聞いてみたところ。

AIアシスタントはワクワクする新技術。でも、「人格」が欠落していると感じました。

 

人格をどうやって入れるのか迷っているとき、私たちは自分たちの原点であるスウェーデンに戻ることにしました。Sammiのモデルは、スウェーデン人のいろんなおばあちゃんを混ぜ合わせたもの。

 

私たちが寒がっていたら温かくしようとしたり、ちゃんと礼儀正しくしているかを確認したり。さらに、食事をしているかも気にかけてくれて、私たちが聞いてもいないのに「人生のアドバイス」をしてくれます。

Sammiに限らず、どんどん進んでいくAI技術。いつか本当に「感情」を持ったAIが登場するのでは……と、そう思うのは私だけだろうか?Licensed material used with permission by B-Reel

関連記事リンク(外部サイト)

Facebookに「AIによって画像を音声説明する機能」が追加。目が見えない人でも、何の写真かわかる!
どれだけAIが発達しても「営業職」だけはなくならない理由
ラップをするAIをプログラミングしたのは、アメリカのど田舎に住む17歳の少年だった

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。