体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。

見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。

本格的な淹れたてコーヒーを自宅で手軽に楽しみたい。そんなニーズを叶えてくれる家庭用コーヒーメーカーは数あれど、どうしたものかみな一様にステンレス製やシルバーのボディ。カラバリを売りにしたものもあるにはあるが、主張しすぎるのもキッチンではなんとなく浮き足立って感じてしまう。

ある程度見た目重視と割り切れるならば、間違いなくこれに食指が動くはず。

シンプルゆえの重厚な存在感

見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。 アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使用。従来のマシンとは一線を画す存在感はまさしく重厚そのもの。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。

となると、いわゆるボタン式のものよりも、やっぱりこういったレバータイプがわくわくさせる。

外観は無骨でも、中身はきちんとエスプレッソマシン。コーヒーの粉をホルダーに入れて抽出するのも、水温を一定に保つ機能付というのも、従来のそれと比較してなんら劣るところなし。

当然、スチームミルクだってOK。気分に合わせてカプチーノを楽しむこともできる。見た目重視なら、「コンクリート製」エスプレッソマシンもあり。

生粋のコーヒーラバーというよりも、こういうエッジの利いたスタイルが好きな人たちにオススメしたい“キワモノ家電”。とわいえ、クラウドファンディングサイトで1台799ドル(約9万円)と、安い買い物とは言えない。

というか…正直、高い。高いけれど、なぜだか気になって仕方ない。 Licensed material used with permission by AnZa

関連記事リンク(外部サイト)

名前は「Minipresso」。電気の要らない小さなエスプレッソマシンです
アウトドアで使ってほしい「電気不要のエスプレッソマシン」
週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。