体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルボード、スペシャ、定額制音楽配信サービス6社がタッグを組む『NOW PLAYING JAPAN』が始動!第一弾ライブは3月開催

ビルボード、スペシャ、定額制音楽配信サービス6社がタッグを組む『NOW PLAYING JAPAN』が始動!第一弾ライブは3月開催

 ビルボードジャパン、スペースシャワーTV、定額制音楽配信サービス6社が一堂に会して、日本における新しい音楽のヒットや潮流を作るプロジェクト『NOW PLAYING JAPAN』が始動する。

 『NOW PLAYING JAPAN』は、音楽配信サービスと音楽チャート、音楽専門チャンネルが連携した新プロジェクト。日本唯一の総合音楽チャートを提供するビルボードジャパン、【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER】や【スペースシャワー列伝】といったイベントも手掛ける国内最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTV、定額制音楽配信サービスを提供するApple Music、AWA、 Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョクが参画する。「音楽をもっと、みんなのモノへ。」をキーワードに、各社のサービスを活かして展開する「STARTERS MATCH(新人リコメンド企画)」と「ライブ」の2つのコンテンツを軸に、リスナーが新しいトレンドを生みだす“場”や“環境”を提供していく。音楽メディアと定額制音楽配信サービス6社が共同で参画するプロジェクトは、世界でも類を見ない試み。

 2018年3月19日には、キックオフイベント【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1】がを東京・Zepp DiverCityにて開催される。チャートデータをもとに選出するトップ・アーティスト数組に加え、定額制音楽配信サービス上での再生回数をもとに選出する新人アーティストが出演する。

<【NOW PLAYING JAPAN】ステートメント>
もう1度、いい音楽の評価を、買われたことではなく、聴かれたことに戻そう。
今、みんなが本当に聴いている音楽を評価して、それをもっと、世の中に広めていこう。
いちばん大切なのは、「みんなの今」です。
NOW PLAYING JAPANの今後にご期待ください。

◎イベント概要
【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1】
2018年3月19日(月)
東京Zepp DiverCity
主 催: Billboard JAPAN、SPACE SHOWER TV
参加サブスクリプションサービス: Apple Music, AWA, Google Play Music, KKBOX, LINE MUSIC, レコチョクBest

出演:
<STARTERS MATCH枠=1組>
参加定額制音楽配信サービス各社で行われる事前展開により選出された新人アーティスト
<NOW PLAYING枠=数組>
チャートデータをもとに選出したアーティスト
※出演アーティスト、観覧方法等の詳細は2018年1月12日(金)発表予定

オフィシャルHP:http://www.billboard-japan.com/npj/

Google Play、Google Playロゴは、Google LLC.の商標です。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】Kinki Kids『The BEST』が16.8万枚で週間アルバム・セールス首位 安室奈美恵『Finally』いまだ強く2位
【ビルボード】BTS (防弾少年団)『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』が45万枚売り上げて週間シングル・セールス首位 20万枚のNGT48が続く
【ビルボード年間Streaming Songs】洋邦入り混じったグローバルなチャートを、エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が制覇

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy