体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役音大生シンガーのメロディー・チューバック初ワンマン! 能町みね子の歌詞提供曲など披露

現役音大生シンガーのメロディー・チューバック初ワンマン! 能町みね子の歌詞提供曲など披露

 2016年1月にミニアルバム『Melody』でメジャーデビューした、現役音大生シンガーのメロディー・チューバック。デビュー後自身初となるワンマンライブ【Melody Chubak CHRISTMAS SPECIAL LIVE】を、2017年12月10日に都内ライブハウスで開催した。

メロディー・チューバック ライブ写真(全4枚)

 ファン待望のワンマンライブとなった当公演はチケットがソールドアウトとなり、急遽、動画配信サイトでも生中継。ライブは、メロディー自身がシンガーとしての決意を込めた「I Promise ~誓い~」の独唱でスタート。途中、この日のスペシャル編成のバンドが登場し、アンプラグドで2018年1月24日に発売される初のフルアルバム『Symphony』収録曲で、『パインアメ』キャンペーンソング「キイロイアメノウタ」や、旧譜からも「恋してる」「Umbrella」などを歌唱。そして人気エッセイストの能町みね子が、自身初の作詞家として歌詞を提供したアルバムリードソング「逃げて、ガゼルのように」を、情感豊かに歌い上げ場内を魅了した。

 また、スペシャルMCとしてTVプロデューサーであり、ラジオDJ、ミュージシャンとしても活躍しているNjこと西田二郎がバンド、カラオケコーナーに登場し、軽妙なMCで場内を沸かせクリスマスパーティー感が一気に加速。カラオケ企画コーナーでは、動画投稿サイトで事前に募集していた「Cinderella X’masうたコンテスト」の優勝者、中山来未さんが登場し、女子高生イベント・プロジェクトチーム「チームシンデレラ」とコラボ制作された「Cinderella X’mas」を、メロディーとデュエットで披露し場内を盛り上げた後、ダンサーと共にダンサブルなナンバーで場内との一体感がMAXに。

 アンコールでは、メロディーの妹アンジェラ・チューバックが登場し「Marvin Gaye」「恋のバカンス」の2曲を姉妹ならではの息の合ったハーモニーで歌い上げた。

写真提供:日本クラウン

◎リリース情報
アルバム『Symphony』
2018/01/24 RELEASE
<TYPE-A (CD+DVD)>3,241円 (tax out.)
<TYPE-B(CD) >2,593円 (tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

【奥華子の弾き語りダークナイト☆】闇を綴った曲のみを弾き語るワンマンで約1300人が涙
SILENT SIREN、新AL『GIRLS POWER』より「さよなら日比谷」MV公開
NMB48元メン擁する新バンドOver The Topのクリスマス! 東京公演は盛りだくさんな内容

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。